フォト

参加ブログ

過去の月別・カテゴリー別バックナンバー

My Shop

  • 手芸材料のwebshop

yukikoのsewing日記

  • ゆっくり作ってま~す。

2017年8月17日 (木)

熱が出た

お盆のおもてなし疲れ(?)が老犬ボブdogsign02

熱が少しあるようで、鼻が乾いてるし、、、、
お腹がねぇ  ピーゴロ ゴロ なんです。down

20170817

2017年8月16日 (水)

疲れましたが・・・

恒例のお盆行事(?)が終わりました~~。

いつもお盆には甥、姪家族が我が家に二泊三日で来ますが
今年は娘家族も一緒になったので
私たち家族も含め総勢 人間様11人にdogdogdogの大人数になりました~。

準備段階で私はグロッキー気味で、悲しいかな やはり歳を感じましたが
それもまた楽しい疲れです。

dogdogはキャリーリュックに入って貰っていざbullettrainで長旅に~~

「手荷物料金」は必要なものの足元に置いておけるし、
吠えずに大人しくしててくれたので 思ったより全然ラクだったとか。

20170812a1

dogdog無事到着し、初めて我が家のおばあちゃんワンコIbo1ボブとご対面~~

ボブはテリトリーに入って来たワンコ達にも寛大で(?)吠えることも無く
追いかけられて迷惑な感じではあったけど怒ることもなく大人な対応でした。

まだ1歳にもならない ブヒ達と14歳間近なボブではジェネレーションギャップ激しくて
四六時中寝てるIbo1ボブにとっては 騒々しい子犬は苦手だったでしょう。

20170812a3

丁度、皆が集まったのが 姪のお誕生日だったのでケーキでお祝いしました。

娘が気を聞かせて 美味しいと評判のお店にインターネットで注文してくれてたものです。
思ってもみなかったプレゼントに姪も大喜びでした。

楽しい再会の夕べは あっという間に過ぎ、日付をまたぐ頃には
明日の海水浴と釣りを楽しみに 解散~sleepy

20170812a2

翌日はとっても良い天気でした。

大久野島の裏手の浜へ上陸。(フェリーが着く辺りは人が多いので裏手の浜に)

この島は最近ウサギの島として有名で外国人の観光客も訪れるとかで
休日の島行きのフェリーなど長蛇の列だそうです。

泳いだり、釣りをしたり、ニシ(小さな巻貝)を取ったりして楽しみ
夕食は釣った魚を天ぷらや、お刺身、煮魚に。
人気のニシはとっても良いおつまみになるので 大人たちはお酒が進みました。

20170812a4

娘んちのココとジジは ライフジャケットまで用意してきて
初泳ぎ~~

ボートにも怖がらずいい子してたし、ココの方はどうやら泳ぎがお気に入りのよう。

20170812a5

お料理も半端ない量を作ったし、洗濯機もフル稼働。

dog達にとっては初めての家で 
おもらししたり、💩も思わぬところから臭って来てギャ~ってこともdown


バタバタと忙しく目まぐるしく、あっという間に嵐が過ぎ
いつもの静かな日常が戻ってきました。

Ibo1ボブは・・・相当お疲れのようですがね。 













2017年8月 7日 (月)

ワクワクですか~?

お盆のお休みに 娘夫婦が来ますが、、、
ワンコも一緒 ってことで今回は新幹線bullettrainで移動と決めたと。coldsweats01

いつも車rvcar移動の時使ってるキャンピングキャリーは重いので
この機会に 背負えるタイプのキャリーリュックを買ったのだそう。

このバッグはワンコがバッグの中で水平に居られる優れものheart02
と気に入ったようで
『荷物は宅配にして、二人でそれぞれを背負って行くよ!!ワクワクだよ~up
って
お気楽な事言ってるけど・・・ワンコ達の方が心配なバァバです。

お盆には 他に姪家族に甥家族、も同じ日に来るし、、、
私達夫婦も加えれば 総勢 人間様11人+ワンコdogdogdog の大人数になります。

私はここ数日 普段使ってない部屋の掃除やお布団を干したりシーツ掛けたりで
忙しく、皆が来る前にもうバテてしまいそうだわ~~sad

20170807a1





2017年8月 6日 (日)

広島原爆忌

今日8月6日、広島は72回目の原爆の日をむかえました。

20170806

今朝の新聞に5日夜原爆ドーム前の元安川で
犠牲者を悼み鎮魂のかがり火を
川に浮かべる催しがあったことを伝えてました。

「平和の火が世界に広がってほしい、という願いを込めた」ともありました。

72年前の尊い犠牲を胸に、
平和の尊さとありがたさを世界中の人々と共有できればと思います。

しかし、ICBMを含む、核兵器搭載可能であるミサイル実験を繰り返している
北朝鮮の動向を耳にするにつけ 

何やら怖いことが起こるのではないかという
不安もよぎります。


どうか最悪な状況に陥らないようにと心から祈るばかりです。

2017年8月 5日 (土)

塩そば

今日は友達と前から気になってたお店【塩そば まえだ】へ~。cardash

2016年2月市内に開店したものの なかなか行く機会がなかったけど
やっと行けました。heart02

佇まいはお蕎麦屋さんのようだけど、、、実はラーメン屋さんです。happy01

お洒落な空間のカウンター席の店内は清潔感があり
女性でも一人で入りやすい感じでした。

 

20170805maeda

 

私が頼んだのは「冷やしえび塩そば(800円)」

スープを口にすると海老の風味がパ~っと広がります。
海老の塩気は少し強めだけど 食べてるうちに慣れてきました。

さっぱりして とっても美味しかったです。good

次は暖かいのも食べてみたいし、、、焼豚丼も魅力的uplovely
メニュー全部試してみたい気分です

20170805a1

2017年8月 4日 (金)

今朝も早よから

今朝も早よから畑へ~~cardash

6時過ぎると もうお日様sunカンカンなので、、、
日焼け止めクリーム塗って、虫よけスプレーして
長袖長ズボン姿で(もうその時点で汗だく)出かけ、草むしりとカメムシ退治したあと
水やり、収穫と大急ぎで済ませます。

毎日 キュウリ8~10本とミニトマト70個くらいは収穫できるので
親戚や友人に配るものの とーぜん我が家には三食のぼる訳で、、、、bearing

トマトはまだ良いけど キュウリはノルマ(?)がキツイdown
流石にもう そろそろ 食べ飽きてきたぞ~~~sad

 

20170804

2017年8月 2日 (水)

八月号

昨日より湿度は低かったけど 今日も暑かった~sun 


朝のtvでこの辺り 最高気温35℃と天気予報が出てたので
日中 外に出る気もせず ひたすらクーラーの効いた部屋の中で
YouTubeのプレバトを見て過ごすことに

俳句のランキング査定でお馴染みの夏井いつき先生の毒舌、楽しすぎる~~good

私もしっかり勉強しなくては!!sweat01

、、で今日

俳句の同人誌【春星】八月号が届きました~。
6月の句会の時 提出した句の中から選ばれた句が載りますが、、、。

開くと、、、選んでいただけてるのはなんと、、、三句。up
いつもは 二句なのに、どうしたことでしょう。happy01

ギョギョギョですが、まぐれでも嬉しいです。heart02

言葉詰まるほどの満開薔薇の庭

万緑へ開く嘉日の朝の門

口笛に応え老翁世は平ら

 

20170802

 

【春星】は松本島春先生が主宰される月刊誌で
俳句作りを愛し、互いに切磋琢磨する俳句道場として今月号で通巻839号にもなります。
(松本正氣先生が創刊、没後 島春先生が継承)

 

まだ始めて二年程の駆け出しの身では島春先生にお目にかかることは無いけれど
毎月 提出した句に目を通し選んでいただけるのを励みに
精進しまっす!!

2017年8月 1日 (火)

受けるべきか・・・

ず~~っと 何年もスルーしてきたんだけど、、、coldsweats01

二年に1度やって来る これ。

『信じられない のし餅状態だよー』とか、『すっごく痛くて最悪』とか
悪評だけは聞いてるマンモグラフィ検査

受けたことないけど・・・

受けるべきか??  気が重いdespair

20170801a1



今日は
県内今季の最高気温だったところも多かったらしく
広島市では36.6℃にもなり今年初の猛暑日を記録したそう。

外暮らしのワンコには辛い夏だけど、、、

お散歩以外はクーラー浸けのdogボブちゃんこ ヘソ天でグースカ ピーsleepy

dog『極楽極楽~~up

20170801a3

連日の暑さにグッタリしたり、枯れてしまった花たちの中で
かろうじて朝顔だけが元気よく咲いてくれてます。

20170801a2

2017年7月30日 (日)

楽しんだね~

水曜日(7/26)からダイビングに行ってた娘夫婦、無事帰って来ました~。

念願だったマンタにも 遂に遭遇できたそうです。

何気に、、、娘婿は50本目のダイビング記念日を迎え
一緒に潜った方々と祝ったりなんかもしたそうだし
久々の旅行を十分 満喫出来て 良かった、よかった~。

20170730a1

一方、この子たちは、、、。
長~~いお留守番から解放されてホッとしてることでしょう。

20170730a2

2017年7月28日 (金)

虚ろな十字架

book図書館で借りた本>

東野圭吾 著

『虚ろな十字架』

犯人が誰かではなく動機の謎がメインのミステリー
死刑制度について考えさせられる 重い作品だった。

本文から--------

人を殺した人間は、計画的であろうとなかろうと、衝動的なものだろうが何だろうが、
また人を殺すおそれがある。
それなのにこの国では、有期刑が下されることも少なくない。

一体どこの誰「この殺人犯は刑務所に〇〇念入れておけば真人間になる」などと断言できるだろう。
殺人者をそんな虚ろな十字架に縛り付けることに、どんな意味があるというのか。

『人を殺せば死刑ーそのようにさだめる最大のメリットは、

その犯人にはもう誰もころされないということだ』

----------------------------------


「刑罰と贖罪」を人間が完璧に審判するのは本当に難しいと思う。

死刑を求めずにはいられない被害者遺族の感情は理解できるものの
たとえ死刑になっても遺族は救われないだろうし、、、。

殺人を犯したものはどう償うべきなのか、死刑制度は必要なのか、
罪を償うとはどういうことか。

この問いの答えは、、、出せません。

20170728

«今日も暑い