フォト

過去の月別・カテゴリー別バックナンバー

yukikoのsewing日記

  • ゆっくり作ってま~す。

にほんブログ村

2012/Barcelona~Milano~Venice(4日目)

【バルセロナ・ミラノ・ベネチア・パリを巡る旅】
2012年10月16日(火)~10月23日(火)

4日目=10月19日(金)

今日は終日ミラノ観光します。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

【サンタ・マリア・デッリ・グラツィエ教会】

19a1


朝8時45分に予約してた『最後の晩餐』を観るため、早起きしました。

予約時間の30分以上前には到着する必要があったのですが、
無事8時15分には世界遺産である
【サンタ・マリア・デッリ・グラツィエ教会】に
予定通り 到着できました。

場所が分かりにくかったので途中2回ほど親切そうな人に尋ねました。

見学は完全予約制なのですが、日本から教会へ直接電話して(英語が通じます)予約を取っていたのでスムーズに入館できました。

『最後の晩餐』は教会付属の食堂の壁画としてレオナルド・ダ・ヴィンチがテンペラの手法で描いた420 x 910 cm のとっても大きなものです。
床から2mくらい上に描かれてる為、見上げる感じです。

19a2

この食堂内には入れる人数が限られており、見学者は前室(廊下みたいなところ)で待ち、
1グループ25人くらいの人が、順番に入ります。

見学は15分程度に制限されるし、写真や、ビデオ撮影は禁止されていました。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

【スフォルツェスコ城】

19b1

スフォルツェスコ城はミラノ旧市街の北西部の広大なセンピオーネ公園の入り口に建つ大きなお城です。ちょうど工事中でした。

19b2

一辺が約200mの正方形に近い形をしており、
周囲を回廊が巡り、内側に広い中庭のあるつくりです。

スフォルツェスコ城の佇まいはルネサンス君主の優雅な居城というより、堅固な要塞の赴きを漂わせていました。

19b3

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

【ドゥオ-モ】

19c1


ミラノの象徴といわれてるとっても大きな美しい教会です。
完成までに500年かかったとか。

その壮大な建築は全長158m、幅93m、高さが108m。
内部の面積が1万1700平方メートル。
世界最大級のゴシック建築として知られています。
135本の尖塔、2245体の彫刻との融合美はまさに圧巻の一言です。

19c2

塔の先端にまで彫刻が施されています。
エレベーターと階段を使って屋上まで昇るとミラノの街が一望できました。

屋上まで行く間、塔の上の彫刻を間近に見ることができました。

19c319c6

19c5
           屋上↑
 

19c4_3

  ↑屋上から真下の広場を見たところ

19c7
19c8


聖堂の内部はとても美しく、
神聖な空気が漂い、
神秘的で心が静かになる雰囲気が漂っていました。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*

19d1

大聖堂から、ガッレリアを経て、
ダヴィンチの銅像があるスカラ広場に向かいました。

19d2

19d3

途中で ちょっと休憩。

旅行中は昼間でもお酒を少しいただきます。
暑かったので今回はビールです。

19d4

ボリューム満点。。
食べきれませんでした。

外国のカフェは概ね外にテーブルを設えてます。
ここのお店も目の前をトラムが走るような場所ですが、
それさえも絵になるから不思議です。

19d11

19d5

19d6

ふらっと入ったお店には「そば」や「うどん」「餅」etc・・・が普通に売られていました。
ここでも日本食がブームらしい。

高級スーパーの【Peck(ペック)】にも行ってみました。

19d719d8

「無印良品」や「回転寿司」発見!

19d10


美しい靴に見えますが、
実はチョコレートです~♪

19d12
夕食はピッツアやラビオリなどイタリアならではの食べ物とワインで。

19d13

今日も一日よく歩きました。
明日も早いのでホテルへ帰ってゆっくり休みましょう。

明日はベネチアへ移動します。