フォト

« 弾けた~♪ | トップページ | 指が・・・ »

2013年9月 4日 (水)

ゆっくりと

雨が続いたからか、少し涼しくなってきました。

夏の間シャワーで済ませていたのに、今夜はバスタブにお湯をはりました。
タオルケットだったのに、肌布団にして、
冷奴から久々に湯豆腐に。(湯豆腐はチト早かったみたい。。。)

猫の額ほどの庭(花壇)からはスズムシ達の賑やかな協演が聞こえます。

ゆっくりと、確実に季節が移っています。

お風呂に入ってる時 虫達の音を聞いてたら
急に 学生時代によく聞いた
吉田拓郎の『旅の宿』を思い出しました。

 

♪浴衣の君はススキのかんざし~♪
・・・・・・・
・・・・・・・・・・妙に色っぽいね~。♪

まだ私が若い頃、(25,6歳のころだったと思うけど)
父親が
『女の子は年頃になったら どこの子も眩しいくらい綺麗になるもんじゃと思っとったけど
  うちの子は年頃になっても変わらんかったのう 』

と母に話してたのを 陰で聞いて娘心にショックだった思い出がある。

フェロモン不足のまま、、、この歳になってしまった。

広島ブログ

 

« 弾けた~♪ | トップページ | 指が・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

うわ~懐かしい いいですね~

目を閉じて聞いていると、あの頃の自分に逢えます。
ちょっとおませな気持ちで聞いた『旅の宿』

短い時間でしたが、『旅の宿』を聞きながらくすぐったいような、
心地良い、なんだかフワ~っとした気持になりました。

『旅の宿』・・・あれから41年も経っているんですね・・・。
身体のガタツキは致し方ない年月です

フェロモン不足のまま・・・は私も同じです

★Chipoさんへ★

「フェロモン不足のまま・・・」
そーですか。私だけじゃなかったんだ。ちょっぴり安心(笑)

体も経年劣化しますもんね。仕方ないこと。
気分は明るく、元気でまいりましょう~~

旅の宿・・・

色っぽいけれど、飲みすぎちまって、君を抱く気にもなれない・・・

大学時代のキッド

 ひざまくらか~・・・気持ちいいんだろうなあ・・・浴衣色っぽいし・・・風呂上が
りのいい香りがするんだろうなあ・・・飲みすぎたって・・・抱きしめたくなるよね
え~・・・

当年のキッド

 ひざまくらか~・・・気持ちいいよなあ~・・・いくらか払わないとだめだろうなあ・・・もう30年若ければ、お土産だけでも良かったけど・・・風呂上がりに、白髪染めの香りがするんだろうなあ~・・・あれは、あれで、歴史の証明みたいなものだから・・・そんなに飲んでもないのに、目が覚めたら夜中の3時だもんなあ・・・昔はそっとタオルケットをかけてくれたもんだが・・・自分だけは、きちんと寝てるなあ~(笑)・・・抱かれる気に、なってないもんなあ(笑)・・・

 鬼も18、番茶も出端・・・ってお父上は、言いたかったのでしょうねえ。
自分の娘だから、家にいるときしか見ませんから。

あのころの女の子は、内と外では輝き方が、ガメラと縁日のミドリガメくらい違うものです。

それに、自分の娘にセクシーさを感じたり、色っぽいぞ~なんて感じる父親はいませんから。

あのころの父親は、自分の娘を間違っても口に出して誉めないですから。

逆に、父親から「おめえこのごろ、胸もお尻も大きくなってきて、やけに色っぽくなりやがったなあ~、こんちきしょう~!かかあなんかやめといてよ~、おめえと一緒になりたかったぜ~」
 
 なんて言われた日には、・・・
「私、もうこのまま家に帰らなくてもいい、あんな父親と一つ屋根の下で暮らすなんて、死んだほうがましだわ~・・・」
と、思ったでしょう。

 「うちの娘は、この辺りでは一番きれいだなあ・・・あの笑顔が可愛いったらありゃしない・・・男なんて家に連れてくるんじゃないぞ~~~」なんて思ってたと思いますよ。

 年齢に関係なく、男はみなそう思うものです。
キッドなんか、高校時代はあの人がまぶしくて、後姿ばかり見てましたからねえ・・・(笑)

 今でも、心には傷があるんですねえ。
治すには、惚れ薬ですかねえ・・・
ヤモリの黒焼きもいってみますか~?

★キッドさんへ★

「ひざまくら」で妄想ふくらませすぎ~~

夜中に目が覚めて・・・の下り。どちらのお宅もご同様ですね。
もう笑っちゃいましたよー。

男性の心は(父親を含め) なかなか複雑なもんですね。


しかし 今でも初恋の人を忘れられないって・・・。何とロマンチックな。

我が家にはヤモリ沢山おりますよー。黒焼きにして差し上げましょうか?(笑) 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆっくりと:

« 弾けた~♪ | トップページ | 指が・・・ »