フォト

参加ブログ

過去の月別・カテゴリー別バックナンバー

My Shop

  • 手芸材料のwebshop

yukikoのsewing日記

  • ゆっくり作ってま~す。

« 八朔 | トップページ | 飛びます。飛びます。 »

2014年2月26日 (水)

きことわ

<図書館で借りて来た本> 朝吹 真理子 著 『きことわ』

20140226

芥川賞受賞作
「貴子(きこ)」と「永遠子(とわこ)」の話なので『きことわ』なのかな?coldsweats01

子供の頃遊んでいた別荘の解体をきっかけに25年ぶりに再会した二人が、
思い出を語るお話。(特別な事件が起きる訳ではない)

お互い同じ場所の記憶があるのに 覚えがまるで違ってるなど
曖昧な記憶。

夢の中の話や、現実と過去が浮遊する。

時間と空間が、語り手の視線とともに自由に行き交ったり
時々 現実のことか夢の中のことか分からなくなったりして
なんだか水槽の中を覗いてるような フワフワした不思議な感覚の本でした。

« 八朔 | トップページ | 飛びます。飛びます。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

葉山の海によく行っていたので、
その想い出とリンクし、ゆったりした時間をもらった記憶があります。
きれいな名詞がたくさん出て来ましたよねheart01

★設計おばさんさんへ★

葉山、逗子は広島県に住んでる私にとっては
瀬戸内の海とは別の海の匂いがするような感じがします。(笑)
お洒落っぽい感じが・・・shinehappy02

凍雨、デポン紀の海、子産石、しし座流星群など綺麗な名刺も沢山ありましたね。heart01

夢と現在、過去が浮遊する文章の中で
最も 印象的だったのは
「年間 月は約3.8cm地球から遠くなる」と言う現実的な言葉でした。dash

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116784/59202011

この記事へのトラックバック一覧です: きことわ:

« 八朔 | トップページ | 飛びます。飛びます。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31