フォト

« 小さくても・・ | トップページ | 欠かさずに »

2014年3月 1日 (土)

卒業の日

今日はやけにスーツ姿のお母さんを見かけるなぁと思ってたら、、、
そう。3月1日は高校の卒業式。

全国的かどうか定かではないけど、ここ広島県は卒業式です。

でも自分が卒業した時のことは あまり覚えてない。

1月に入ったあたりから 学校へ行く日が少なくなり、受験の方へ照準が合ってたし
進学したら親元を離れられるって嬉しさ(???)ばかりが頭にあって
卒業して友と離れる寂しさより 
新しい出会いの方に期待一杯だったような気がするなー。

急に”春なのに”って歌 思い出しました。

~~~

記念にください ボタンをひとつ
青い空に捨てます

春なのにお別れですか
春なのに涙がこぼれます

春なのに 春なのに
ため息またひとつ~

歌詞が、、、しみる。

« 小さくても・・ | トップページ | 欠かさずに »

コメント

あれっ?
キッドと書いたつもりが、誰の為?になってました
卒業式?
同じような記事を、あちらでも、見たような
ママは、未練無く大学生活に飛び込んで、ロックの洗礼を受けた訳ね
因みに、パートはなんだったのかな?
ボーカルだったりして・・
あの頃は、ブリティッシュロック全盛で、キッドもBECKのトゥルースとか、良く聞いてました。
ジミヘンや、ジャニスジョプリン等など。
CCR、デュアンオールマンも御贔屓でした

うーん、わかる.…。自分もそうだった気がする。
淋しそうにしてる母親の顔があったけど.…。
でも、心の奥ではこれから始まる東京生活にワクワクしてたような。
やっぱ!親の心、子知らずだよね~。
┐(´-`)┌

★キッドさんへ★

故郷に未練が無い訳ではなかったんだけど
海を渡りたい気持ちの方が勝った訳で。。。

高校までは”卓球”漬けのスポーツ女子だった私が
京都へ行って真っ先にドアを叩いたのが”軽音楽部”

田舎育ちの私は 皆からいろんな曲を教えてもらいましたよ。

中でもピンク・フロイドのアルバム『原子心母』や『狂気』を聞いた時は
ショックだったわー。

ジャニスや、カーリーサイモン、CSN&Yなどもよく聞きましたね~

女の子4人でバンド組みました。
(現在の私からは想像できないと思うけど・・・)

ハードなロックではなく 軽いやつです。
CCRやビートルズなどの曲をコピーしていました。

私のパートはボーカル&ギターでしたよー。

学業はそっちのけで、
部活とアルバイトに真面目に(?)勤しむ毎日でした。

★ターさんへ★

ターさんも そんな感じでしたか~?。


やっぱり若い頃って
自分のことしか見えてないもんですよね。


入学式が終わって、寮に入った私を見届けて母は帰って行ったのですが、

私は母の後ろ姿に心ウキウキで手を振るのに
母は一度も振り返りませんでした。
多分 寂しくて涙が出てたのでしょうね。


ほんと 「親の心、子知らず」でした。


ピンクフロイドの狂気ね
卓球少女には、強烈すぎましたかね〜
クロスビ〜・・ヤングも固定ファンがいるマニア受けするバンドでしたね
カーリーサイモンは、ずっと好きですが、結局うつろな愛が一番すきです
CCRは、トラベリングバンドなんか、ロックンロールで、良かったですねえ

意外なところで、趣味があいそうですね〜
キッドは、卓球も好きなんですけど・・

★キッドさんへ★

ほんと「ピンクフロイド」は強烈過ぎましたね~。

うんうん。カーリーサイモン良いよねー

『うつろな愛』好き 好き~ 
イントロからワクワクする~


趣味が、、意外にね。
一部で合いますね。

「絵」は分かりませんけど~~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒業の日:

« 小さくても・・ | トップページ | 欠かさずに »