フォト

参加ブログ

過去の月別・カテゴリー別バックナンバー

My Shop

  • 手芸材料のwebshop

yukikoのsewing日記

  • ゆっくり作ってま~す。

« 藤が咲いたねぇ | トップページ | 見たわね~ »

2014年5月 1日 (木)

怒り(下)

book図書館で借りた本>

吉田 修一著

『怒り(下)』

20140501

思ったより早く
図書館へ予約してた 「下巻」の順番が来た。

・・・で一気に読了。up


房総、新宿、沖縄を舞台とする別々の三つの家族の話が
一つの殺人事件を中心に語られ、それぞれの家族に関わる男の中の
誰が指名手配犯なのか?

三つの異なる背景と人物の話が展開するうち
ドキドキしながらページをめくる手が止まらない。

目の前の人を信じ切ることが出来ず疑心暗鬼を生じ、感情が揺れるそれぞれの家族。
大切な人から疑われる悲しみや、心の葛藤が切なく胸に迫る。

そして まさか・・・!の衝撃的な結末。

結局 予想に反して三つの話には接点はなかったが、
殺人犯かもしれない男と関わった それぞれの家族の
心の動きがリアルに描かれていて引き込まれた。

どこまで人を信じ切れるか。信じるとは?
信じるに足る基準とは何?

信じることの難しさを考えさせられた本でした。

« 藤が咲いたねぇ | トップページ | 見たわね~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

三つの家族は、どれも殺人犯とはかかわってなかったのですね?

人を信じることのむずかしさ・・・疑心暗鬼の生む黒い力・・・

ママがご存じのように、私もそこでつまずいてます。

どうせ、あとで信じることに成るのなら、何故つまずかないで信じとおすことができないのか?

言葉は、言霊・・言葉の持つ力は大きいです。

プラスの力も、マイナスの力も持ってます。

何故、人はその瞬間に強く肯定をしないのでしょう?
何故、人はその瞬間に強く否定をしないのでしょう?

その一言で、以後の展開が大きく違うのも事実です。

それでは、人は言葉に支配されて生きるのか?
否、人は言葉の奥にある真実の心を見つけようとして苦しみもがく。

真実の心と裏腹の言葉だと知った時の、精神的なショックの大きさは
筆舌に尽くしがたい!

だから、本当は強く肯定し、強く否定したい!
しかし人間は欲が深い。

強く否定すると何かを失い、強く肯定しても何かを失う。

人は失いたくないもの、守りたいものがあるときは、曖昧にしか返事しない!

人は、曖昧な返事によって、考え迷い戸惑い・・・そして最後に嘆く

人本来の自分を失って、疑心暗鬼と言う鬼が生まれる。

人間社会に生きている以上、不信感や疑心暗鬼は無くならないのか?

だから、人は皆愛情を推し量り、不動の愛情を頼りに言葉の曖昧さを乗り越えようとする。

しかし、そんな強い愛情で結ばれた二人や家族にも、いつか疲れが来る。

そんな時に、愛情は疲れた二人や家族を再生できる力があるのか?

私の人生の課題であります。

お気楽ママさんの記事を見て、つくづく考えてみました・・・えへへ

chick★歌姫さんへ★

三つの家族間には接点はないの。
別々のお話。

一つにだけ犯人の男が接してるの。

殺人犯とは全然疑ってなかったんだけど
別のことで 不信感が増してきて、、、。

ほんと この本は読み応えあったわぁup

事件の真相とか 詳しいことが分からずじまいだったけどね。

これは映画化されると思うよー
多分ね。scissors


人は他者の何を、どう見てeye
「信じても大丈夫」という確信を持つことができてるのでしょうかね?think

信じるという意識は、あとからついてきているような気がします。
気が付いたときには信じているというのが、ほとんどじゃないかしら?

今さら後戻りができないと感じて、深みにはまっていくのでしょうね。
詐欺とかは、うたぐることが今や常識になっているので
あまり被害は無いでしょうけれど。

人は、何故信じてしまうのでしょうね。
よくわかりませんが、信じられることの嬉しさって
あるのじゃないでしょうか?

mamaさん ど〜も〜

連休の谷間で忙しくしています。

仕事上、多くの不特定多数の人に会いますが
怒りを抑える事で毎日が修行ですね〜
ブッダの説いた煩悩(恨みや執着)を捨てるのは簡単ではありません。
仏教が未だに続いているのは、その解決方法を伝えてるからでしょうね。
墓参りは使者のためでなく、生きてる人間のための様に思います。
車の運転と同様に自分を見失う事なく
安全第一が大切ですね〜

chick★ビ~グルズさんへ★

連休後半は
またキントン雲1号でツーリングでしょうか?

日頃のストレスも解消できますね。
どうぞ安全運転で!paper

 

mamaさん ど〜も〜

明日は娘達が全員集合、
彼氏や甥達を含めて夜は呑み会です。

翌朝午前5時からW650というオートバイの全国大会参加のため
九州へ向けて走ります。
途中の各地でお仲間達と合流して総勢20人の予定です。
昼食は地元ライダーの案内で下関のフグを食べ
最終目的地の国東半島では全国から集まった
老(私)若男女の約200名程でホテルでの呑み会がスタートです。
翌日は阿蘇周辺を走り、ペンションでまた呑み会。
3日目にフェリーで佐多岬経由、しまなみ海道で帰宅予定です。

バイクは燃費が良いのですが、
人は食べて呑んで笑っての繰り返しです。
翌朝から御仕事ですが、
自分の脳内メンテナンスをしてきますね〜

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116784/59565138

この記事へのトラックバック一覧です: 怒り(下):

« 藤が咲いたねぇ | トップページ | 見たわね~ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31