フォト

参加ブログ

過去の月別・カテゴリー別バックナンバー

My Shop

  • 手芸材料のwebshop

yukikoのsewing日記

  • ゆっくり作ってま~す。

« 一目置かれる大和言葉の言いまわし | トップページ | お見通し »

2015年7月24日 (金)

鰻でしょ~

『土用の丑の日』ってことで、、、、夕飯は鰻を。

ご近所の魚屋さんに予約してたので ふんわりした焼きたてを配達してくれました。
こちらの味付けは最高~~~lovely

私は切って乗っけるだけだから楽チンチン。

美味しく頂きました。はい。

20150724

« 一目置かれる大和言葉の言いまわし | トップページ | お見通し »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美味しい物」カテゴリの記事

コメント

いっぱい脂の乗った鰻のかば焼きを、
白いごはんと一緒に食べる、うな重、うな丼は
嫌いな日本人っているの?と言う位、とても美味しい
ものですね。
天才コピーライター平賀源内が、土用の丑の日に鰻を食べるのを始めた・・・
これは、いわゆる都市伝説で、マスコミやメディアでは、いかにも本当のように
語られているが、間違いです。
京都では、源内より100年くらい前には、土用の丑の日に鰻やハモ、鯰など
色の黒いもの(ごぼうとか)を食べていたそうです。
鰻は栄養があって、夏には鰻を食べるとよいと言うのも、平安時代・・いや
万葉集の時代以前からあるようです。
文献に一番古く見られるのが、大伴家持の、万葉集の歌二首です。

 石麻呂に 吾れもの申す 夏痩せに

    よしといふものぞ 鰻(むなぎ)とり食(め)せ
                                   大伴家持  巻16‐3853

 石麻呂(痩せっぽちで有名だったらしいです)さんに、私は申し上げますが
夏痩せにはとても良くて太れるらしいから、鰻を取って食べなさいな・・・。
もちろん、家持が石麻呂の痩せているのをからかった歌ですが、なぜからかっているのが分かるかと言うと、もう一首こんなのが・・


 痩(や)す痩すも  生けらばあらむを 将(はた)やはた

      鰻を漁ると 河に流れな
                                   大伴家持  巻16‐3854

 石麻呂さんよ 、痩せて痩せて細くなっていても、生きようと思えば生きていけるものを
将(はた)やはた(もう一つよくわからないのですが、「元気になろうとして」と言う意味あいらしいです)・・・もっと元気になろうなどと考えて、鰻を取りに行って、川に流されなさるなよ・・・(あははは)


 文献に登場するのが万葉集なので、もっと以前から、真夏に鰻を食べるのは、大和の民の習慣だったようです。
 だから、ママさんが、「やっぱり鰻よね~」と言うのも郁子なるかな!
夏の鰻は、大和の民の心のDNAに記録されているのでしょうねwink

 私は、鰻丼よりもごはんで挟むまむし(まぶし)が、かば焼きも好きだけど、白焼きをわさびで頂きながら、日本酒のぬる燗をちびりちびりと頂くのが・・・happy02
いずれにしても、鰻はゴージャスです。

chick★歌姫さんへ★

こんにちは~sun
今日も暑いですね。

土用の丑の日に鰻を食べる習慣は
平賀源内が広めたとばっかり思ってました。

なるほど。
それより前から食べられてたんですね。confident

流石、歌姫さんはなんでも良くご存知ですわ。good

白焼きをわさびで、ちびちびと。。。。
なんて”通”な大人な感じがしますね。

暑さ厳しき折、ご自愛ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116784/61950387

この記事へのトラックバック一覧です: 鰻でしょ~:

« 一目置かれる大和言葉の言いまわし | トップページ | お見通し »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31