フォト

参加ブログ

過去の月別・カテゴリー別バックナンバー

My Shop

  • 手芸材料のwebshop

yukikoのsewing日記

  • ゆっくり作ってま~す。

« 忘年会 | トップページ | 美味しゅうございました »

2015年12月20日 (日)

私が彼を殺した

book図書館で借りた本>

東野圭吾 著

『私が彼を殺した』

今回借りたのも、刑事の加賀恭一郎シリーズ。

複数の人間から殺したいほど憎まれてる男が結婚式の日に殺される。


面白かったのは
三人の容疑者それぞれの視点で、代わる代わる物語が語られ展開していくところ。

三人とも動機があり、誰が犯人でもおかしくない。

最後は、恭一郎が言う「犯人は、あなたです」で終わります。

ラストでも犯人が特定されない
読者が犯人を推理するというミステリー

面白かったけど、、、ストレス残る作品だわ~。coldsweats01

20151219

« 忘年会 | トップページ | 美味しゅうございました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

あはははhappy01
それはストレスが溜まりますねえcoldsweats01
小説の中では完結しているのに、自分の中では完結していないcoldsweats02
映画でよく有るのが、殺人鬼が捕まって、物語が完結して、平和が訪れた・・はずで後はハッピーなラストシーンで終えるだけ・・その平和な日常のありふれた風景の中、ふと振り返った幼子の腕に、その殺人鬼の特徴である痣があって、可愛い幼子の笑い顔を映して映画が終わる・・そんなシーンを見せられると、おい!まだ続くんかい!とツッコミを入れたくなりますよねhappy01やはり、小説も映画もラストシーンが、出来を左右するという事なのでしょうconfident
恋愛も、やっぱりラストシーンが・・・shock

chick★歌姫さんへ★

ふむふむ  
恋愛はラストシーンが・・・。
そっかー そうかもしれませんね。think

まだ、続くんかい?と思わせぶりより、

バッサリimpact
切り捨てられた方が立ち直りが早いと思うけど、、、
どうでしょう。

どちらかと言うと
女性はバッサリ!切る側でしょうかしらねー。


御意見ごもっともcoldsweats01
異存ございませんshock

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116784/62901727

この記事へのトラックバック一覧です: 私が彼を殺した:

« 忘年会 | トップページ | 美味しゅうございました »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30