フォト

参加ブログ

過去の月別・カテゴリー別バックナンバー

My Shop

  • 手芸材料のwebshop

yukikoのsewing日記

  • ゆっくり作ってま~す。

« 飲みました! | トップページ | なんだかなぁ~ »

2016年9月 4日 (日)

タマスダレ咲いた

「タマスダレ」が咲きました~

20160904a1

20160904a2

土から直接伸びたような細長い棒状の濃い緑の葉っぱに
白い花のコントラストが可憐でとっても可愛いお花です。

「タマスダレ」と聞くと、、、

『♪~アッさて、さて、さても南京玉簾~』でお馴染みの
簾の形を変化させる あの大道芸が頭をよぎります・・・coldsweats01

どうして和名が「タマスダレ」となったのか・・・疑問だーcatface

もっと可愛い名前を付けてあげたい

 

« 飲みました! | トップページ | なんだかなぁ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花木」カテゴリの記事

コメント

 玉簾とは、本来。高貴なお方や仏像などのの御前に下がる御簾を、玉やガラスで飾ったたもののことだそうです。
 日本には、楊貴妃の玉簾が重要文化財としてあるそうです・・・もちろん楊貴妃の名は伝説でしょうけれど。
 江戸末期~明治初期にかけて、そのような玉の飾りがついた(玉や勾玉などでは
とても高価になるので、ガラスの玉だったかも)た玉簾が、流通していたのでしょうか?


 白く清純な花を玉に、土から直接生える、沢山の細く長い葉を簾に見立てて、玉簾と
う名前がつけられたらしいです。

 決して、南京玉簾と関係があるわけでは、ありません。
この花を、玉簾に例えた最初の方の、センスに驚かされますね。

 

追伸

 玉簾の記事が、シンクロしてしまいましたねcoldsweats01

この玉簾は、ご実家から持ってこられたのですか?

確か、ご実家にに玉簾が咲いていたような記憶があります。

ずいぶん、増えましたね。

 玉簾の良いところは、花の命は短いのだけれど、次から次へと

咲くので、長い間楽しめることですね。

花の少ない季節なので、うれしいですね。

この玉簾たちは、斜面に植えられてるのかしら?

chick★歌姫さんへ★

こんにちは~

そーなんですかぁ。
そんな高貴な玉簾に由来した名前だったんですね。

「タマスダレ」と聞いて「南京タマスダレ」を思い浮かべる私の
貧弱なイマジネーション・・・。お恥ずかしい。。。coldsweats01

この写真はおっしゃる通り実家の駐車場の所に咲いてるお花です。
(斜面ではないのですよ)
お隣との境に植えてます。

プランターに植えてた我が家のは
去年 花が終わって掘り起こし球根を取ったのですが、、、

間違って 捨ててしまったんですー。weep


 玉簾の球根は、葉っぱが一年中ある常緑のため、光合成で栄養がとれるので、掘り起こさなくても平気ですよ。
 分球が盛んなので、二年に一回くらいは少し感覚を広げてあげるくらいで、普段は水と肥料をやるだけです。
 私はそれ以外は、植えっぱなしですcoldsweats01

chick★歌姫さんへ★

>玉簾の球根は、葉っぱが一年中ある常緑のため、光合成で栄養がとれるので、掘り起こさなくても平気ですよ。


そーなんだ~。

ありがとうございます!!up

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116784/64158164

この記事へのトラックバック一覧です: タマスダレ咲いた:

« 飲みました! | トップページ | なんだかなぁ~ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31