フォト

参加ブログ

過去の月別・カテゴリー別バックナンバー

My Shop

  • 手芸材料のwebshop

yukikoのsewing日記

  • ゆっくり作ってま~す。

« 幼なじみの思い出は~♪ | トップページ | イヤシノウタ »

2016年10月13日 (木)

父、入院

連休明けの火曜日(11日)のこと
父の体調がすぐれないので病院へ連れて行こうとしたところ、、、

身体を動かすと痛がるし、見ればわき腹が腫れてる。

皮膚の表面の色は変わってないので 気付かなかったのですが
調べてもらったところ血腫(血の塊)でした。

血管ももろくなってるので ありえるかもしれないけど
転んだわけでも、打った覚えもないのに・・・。

体が吸収するのを待つ とのこと。(様子観察)

心不全で胸水が溜まってしんどいのに、血腫まで。weep

20161013

« 幼なじみの思い出は~♪ | トップページ | イヤシノウタ »

介護」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

mamaさん ご心配ですね。

心不全で胸水が溜まり
静脈圧(心臓へ帰る血管内の圧力)が高くなり
年齢的な血管のもろさもあり
自然に破れて出血されたのかもしれません。

胸やお腹の中での出血は止まりにくいですが
皮膚や筋肉の中だと止まりやすく
吸収もされやすい様に思われます。

薬で心不全の治療をしながら
胸水を抜いて呼吸を楽にして
酸素を十分に入れ
血小板減少の様な
高齢者の出血傾向が出なければ良いですね。

mamaさんも
無理をせずにお父さんの
御世話をしてあげてください。

chick★ビ~グルズさんへ★

ありがとうございます。

父は心不全に加え、末期の腎不全なので
辛いと思います。

「人口透析は絶対しない。」と本人が強く希望するので
どうしても症状がだんだん重くなってきます。

利尿剤で尿は排出できるけど、、、
そのせいで腎臓が血液をろ過する回数が増えて
腎臓に負担が掛かかって 結局 悪化させることになってるし、、、。


血管も弱ってるため
今回のような出血も たまたま脳内じゃなかったから良かったものの
どこが出血してもおかしくない状態じゃないかと思います。


出血は止まってるのですが
貧血してるので輸血もしました。

mamaさんへ

要点のみで失礼します。

私は開業する前は
透析病院に計7年間を勤務したことがあります。
大きな手術の合間に
多くの透析用の腕の動脈と静脈を繋ぐ
手術(シャント)もしていました。

透析はつらいという噂を「かたくなに信じて」
透析をされずに
腎不全で1ヶ月前後で亡くなられる事も多い様です。

一回でも緊急透析をされると
肺の水も少なくなり
老廃物やカリウム(高くなると心臓が止まります)が減って
楽(倦怠感の解消)になります。
まず足の付け根の血管(静脈)に
ダブルルーメンを入れて3〜4時間の透析をされて
一回でも楽になると
お父さんの考え方が変わると思われます。
https://www.kango-roo.com/sn/m/view/272

貧血は腎臓から出る
造血ホルモン(エリスロポエチン)の低下と思われますので
輸血と傾向して
ホルモン剤の注射が有効です。

臓器の中で人工臓器を使いながら日常生活が出来るのは
「腎臓」だけです!
透析すると保健上は
身体障害者になりますので
医療費もほぼ無料になるはずです。

患者さんは
子供には意地を張りますが
孫からの提案には素直です
後は時間との戦いですので
是非早めに勧めてあげたい治療法です!

chick★ビ~グルズさんへ★

専門家のご助言、ありがたいです。

父は昔から腰が悪いので
人工透析で同じ姿勢を長時間取り続けるのが苦痛だから
透析はしたくないと考えてるようですが

>まず足の付け根の血管(静脈)に
ダブルルーメンを入れて3〜4時間の透析をされて


ビ~グルズさんのおっしゃる通り
本人が嫌がっても(もうそんなこと言ってる場合じゃないし)
透析をしていただいた方が良いと思います。


また今日の夕方 担当医からお話があるとのことなので
その時に話します。


身体障害者手帳も すでに交付されてます。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116784/64343124

この記事へのトラックバック一覧です: 父、入院:

« 幼なじみの思い出は~♪ | トップページ | イヤシノウタ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30