フォト

« 夏から秋へ | トップページ | 手芸教室 »

2020年9月 4日 (金)

受講5回目

『朗読ボランティア 養成講座』の第5回目の受講日でした。

来年2月まで全15回の講義のうち 1/3まで済み
やっと 「声を出して読む」ことに慣れてきた感じだけど、、、
鼻濁音(鼻に音を抜く濁音)の発声はなかなか上手くいかない。


鼻濁音を使えるとガ行の音韻がまろやかになり
柔らかく、優しく聞こえるらしいんだけど まだその発声法に慣れてないし 
文例を読むとき鼻濁音の箇所に来ると意識しすぎて
微妙に訛ってるようになる私・・・難しい。

今日は発声と活舌の仕上げの例題に
歌舞伎十八番でお馴染みの「外郎売」を受講者が段落ごとに代わる代わる読んだけど
エロキューション(言い回し)の妙を披露する、早口言葉の箇所は特に全然ダメ。
早口どころかゆっくり読んでも引っかかるし、もう散々だった。

 

15回受講終了の暁には
「終了記念発表会」や「音訳能力の評価」もあるらしい。
真面目に復習しないと大変だ!

20200904

 

« 夏から秋へ | トップページ | 手芸教室 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

頑張ってますねー。
素晴らしいわ。

歌舞伎の外郎売、勸玄くんが噛まずに言い切ってましたね。
武具馬具武具馬具三武具馬具
合わせて武具馬具六武具馬具🎶
書いてても噛みそう。

★ゆっぴーさんへ★

ありがとー

はい、昼食後の一番眠い時間を
目をこすりながら頑張ってますよ~(笑)

歌舞伎通のゆみちゃんはよくご存じの「外郎売」
ほんと、噛まずに言えたカンカンには尊敬の眼差しーですよ。

簡単には習得できませぬ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏から秋へ | トップページ | 手芸教室 »