フォト

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月28日 (日)

気配り

昨夕(土曜日)
片道2時間ほどの所に住む上の弟が母の所へ天ぷらを届けてくれました。
沢山揚げて義妹も大変だったでしょうに 我が家の分もありました。
実家のお母さんのお世話もあるのに申し訳ない気になります。

おまけに母が好きなレーズン入りの食パンも買って、こちらも我が家の分も。

おかげで夕飯は作ることもいらず 楽させてもらいました。
ありがたいことです。

最近は食パン専門店が流行りなようで いろんなお店をあちこちで見かけますが
こちらは【瀬戸】というお店
モッチリした食感の「ナチュラル」、生クリームとバターがたっぷり入った「ミルクバター」
それに柔らかなレーズンの入った「レーズン」の3種類があるみたい。

1本がたぶん1.5斤分あると思われる大きさなので
スライスして残りは冷凍して ゆっくりいただくことにいたしましょう

 

今日(日曜日)は下の弟夫婦が来てくれるし、
皆の気配り、手助けのお陰でしっかり母を見守ることができるのは
本当に幸福なことです。

 

20210227

 

 

2021年2月23日 (火)

春星 三月号

俳句誌【春星 三月号】が届いたので開くと
一月に投句した十句の中から三句抜いていただけて掲載されてました。

早くコロナの影響が無くなり
また、月一回の句会で皆さんと集えるようになれば良いんだけど、、、。

 

徐にまっすぐ太き咳ひとつ(おもむろに まっすぐふとき せきひとつ)

生かされてめくって起こす初暦(いかされて めくっておこす はつごよみ)

雪催母の手摩るに爪を切る(ゆきもよい ははのてするに つめを切る)

 

20210223

 

「雪催母の手・・・・」の句は

母の爪を切ってた時、
うっかり身を挟んで血がにじんでしまった時を思い出して詠んだものです。(>_<;)
以来 私が爪を切ってあげようと言っても拒否る母。

なので、、、弟のお嫁さんが切ってくれてます。(笑)

 

 

 

 

 

2021年2月18日 (木)

開通

母独り居の実家にやっと”光”が開通しインターネット環境が整いました。

入院してた母が年末に退院し直ぐに「見守りカメラ」を購入したものの
インターネット環境が無いとスマホで見れない・・・・ってことで
直ぐに契約するも昨今のリモートブーム(?)もあり
工事が混み合ってて一番早い工事日を予約して約50日。

やっと開通の日が来ました~~♪

WiFiが使えるようになったらカメラの設定をしないといけないし
私だけでは心許なかったので弟たちにも実家へ来てもらって

カメラの設置場所を決めたり、カメラのアプリを各自のスマホへ入れたりするのに
60代の姉弟三人で『あーでもない こーでもない』と四苦八苦(笑)

それでもなんとか使えるようになりました。

弟たちは実家へ来たついでにと、、、

上の弟は 手紙や領収書、通知書類などの中から不要なものを捨て
必要な物の分類を分けて整理してくれたし
下の弟は母の好きな八朔の皮を剥いて食べやすいようにしてくれたり。

ほんと、ありがたいことです。

20210216

 

見守りカメラで様子をチェックできるのも便利だけど

実家にノートパソコンやタブレットを持ち込めば
Zoomなどを利用して遠くに住むの孫たちとも顔を見ながらお喋りさせてあげられるし
母の楽しみが広がること間違いありません。

 

2021年2月17日 (水)

着付け教室

着付け教室の日でした。

今日着たのは梅柄の小紋
童柄の20年前に購入した帯を合わせてみました。

帯は着物作家の友人の手描きです。

風が強く、寒いし、小さな雪がチラチラするし
こんなお天気の日はテンション上がらなくてぐずぐずしがちなんだけど、、、
久々の着付け教室だから チャチャっと家事をこなして
ゆったりした気持ちで着物に袖を通して~~変身!!!のはずが、、

長らく着てないので全然上手くいかない(--;)
何回も帯を結び変えるも、、、ダメー!
お太鼓部分に柄がある帯はほんと、難しい。


結局 時間が迫って
まぁ 車で行くので誰にも会うこともないし
先生に直していただけばいいしなぁ って安易な考えで
ぐずぐずのまま出かけ
先生に手伝っていただき何とか形になったものの
家に帰って復習してみても、、、やっぱり上手く締められませんでした。

情けなや~

 

 

20210217

 

2021年2月13日 (土)

今度生まれたら

友達と話してたら、、、内館牧子著『今度生まれたら』の話になった。
2大ベストセラーの『終わった人』『すぐ死ぬんだから』に次ぐ高齢者小説~(笑)

私が図書館へ予約した時は23人待ちだったので当分読めそうにないのが残念。


「生まれ変われたら何歳ごろまでさかのぼりたい?」って聞かれて
即答したのは「中学生」

もう一度中学生に生まれ変わったら
もっと真面目に勉強して、視野の広い教養豊かで
自立した人間に成長したかった思うわけだけど

まぁ やっぱりいつの時点からやり直し出来たとしても
お気楽で、いい加減な私だから 中途半端な勉強で手を打って
平凡でパンチの足らない日々を送ってるでしょうけどね。

 

最近昔のフォークソングばかりYouTubeで聞いてるんだけど、、、

「思えば遠くへ来たもんだ」の歌詞の中に

♪~~

十四の頃の僕はいつも 冷たいレールに耳をあて
レールの響き聞きながら 遥かな旅路を夢見てた

~~♪~♪

恋は一度と信じてた~~♪

に頷く。

そうなんだよねー 若い頃はそう思ってたよー。

多感で純粋なのは やっぱり中学時代かなぁ。
私にもあったよ、確かにありました。

 

 

2021年2月 9日 (火)

相も変わらず

お昼前になって釣りに出かけた夫と釣り友
約3時間、三人で100匹ほど釣って帰ったけど、、、

相変わらずホゴ(カサゴ)ホゴ・ホゴ。

ホゴは煮付けが美味しいけど
お味噌汁にするとオコゼに負けないくらい 抜群に美味し~い♪

 

20210208

 

2021年2月 5日 (金)

修了。そしてこれから

2020年7月3日に第一回目の『朗読ボランティア養成講座』を受講して以来
15回の講座が全て終わり、
本日、終了書を頂きました。

講座修了者による朗読発表も、緊張することなく読み終えることが出来ました。
ヤレヤレ。

今後はボランティアグループに参加して、録音技術などの勉強やら音訳表現技術を磨くなど
まだまだ習得すべきことは多いみたいだけど
一応、朗読技術の初歩的なことは終わりました。


これから グループの皆さんのご指導をいただきながら
私の「声」でお役に立てる日が一日でも早く訪れるよう精進していきたいです。

頑張らなくっちゃ!

20210205

2021年2月 3日 (水)

何年経っても

今日、2月3日は我が家の初代わんこ「ビビ」の命日

2007年2月3日 11歳8ヶ月で逝って早いものでもう14年。

明るく活発なんだけど、気の弱いところがあり甘えん坊。
雷が鳴ると怖くて、私にしがみついては震えてましたっけ。
何年経っても忘れられません。

天国で二代目わんこの「ボブ」と仲良く遊んでるんでしょうねー。

20210203
2006_1208photograph0245

2021年2月 2日 (火)

節分

今日は「節分」

「節分」は2月3日とばかり思い込んでいたんだけど、、、
なんと、今年は124年ぶりに2月2日に節分がやってきたんだとかー。

今年は「立春」が2月3日の為その前日が「節分」なのだそう。

まぁ地球の傾いてる状態で公転することと、太陽の周りをまわる日数(時間)のわずかなズレを
調節する為に四年に一度ある閏(うるう)年に関係があるらしい。

とにかく、「節分」の日は必ず2月3日ではないって事。だそうです。

節分=恵方巻の丸かじり(?)が定番らしいけど
我が家は切って食べるタイプ。作ることはせず、横着して買ってきました。

20210202a2


そう言えば、、、
去年2020年、旧暦では4月が2回あったんだったー。忘れてた。。。
釣り好きな夫が見てる「潮汐表」に旧暦が記載されてるんだけど
そこには確かに4月が2回、それも続けて4月が。

 

4月23日~5月23日までが4月(卯月)
5月23日~6月20日までが閏4月(閏卯月)

閏月がある年は1年が13カ月あるってことらしいLook_7_20210202232801

面白いね。

 

20210202a1

 

2021年2月 1日 (月)

はい、2月来た~

早くも一月が終わり、もう二月。
二月は日数も少ないから あっという間に三月へ変るんでしょうねぇ

「一月いぬる、二月逃げる、三月は去る」と昔の人は上手くいったものです。

梅の花がもそろそろかな?(お散歩に行かないので分からないーーー汗)

春を象徴する花は梅と桜。

桜は満開がやはり一番だと思いますが、、
梅は一分咲きや二分咲きのチラホラ加減の頃が風情があるように感じる私です。

 

春が近くなると聞きたくなるお気に入りの曲  スピッツの「チェリー」
今宵はこの曲をリピートしながらアップリケに勤しむとしましょう~~♪

うかうかしてちゃ 日にちはどんどん過ぎるよー 
「ばぁば」としてはベビーちゃんに会うまでに完成させなくっちゃいけませんから

頑張りますわよ!!

 

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »