フォト

« 節分 | トップページ | まあまあ。 »

2024年2月 4日 (日)

3月の朗読会

毎月一回ボランティアグループ「声の友」の
各部ごとに輪番で読み聞かせする図書館での朗読会、

3月の当番に当たってる我が部は
木内昇(きうち のぼり)作の「化物蝋燭(ばけものろうそく)」
という短編集の中の一話「お柄杓(おひしゃく)」と言う物語を10人で読み繋ぐ。


短編といえど、朗読すると結構な長さあるので
物語に支障のない程度に部分的に削除して
どうにか1時間以内という制限時間内に収められた原稿を渡され
各自 自分の読む箇所をしっかり練習しなくちゃいけない。

何回も声を出して読んでると
何となく文章のリズムが掴めて来るから不思議だ。


長い文章も一本調子で読むのと
緩急を付けて読むのとでは随分違うし、
聞いてる人の耳も興味も心も”そそる”ような読み方になるように練習しなくちゃね

いよいよ明日(月曜日)の練習日には 
出だしや終わりに物語の内容を彷彿させるようなようなメロディーを挿入して
通し練習をするらしい。

皆さんの仕上がり具合がどうなってるのか楽しみ~♪

 

20240203

 

« 節分 | トップページ | まあまあ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

友達」カテゴリの記事

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 節分 | トップページ | まあまあ。 »