フォト

2020年7月30日 (木)

春星八月号

【春星】の八月号が届きました。

今回、選句され掲載していただけてたのは 三句でした。

 

20200730
誕生日の一人居の軒燕来る
子燕の胸の白さよ雨あがる
衣更えて街若くなる月曜日

 

衣更えて・・・の句は自分的にも好きな句なので選んでいただけてとっても嬉しいです♪

あと10日程で8月の句会があるわけだけど、、、まだ2句しかできてない。Kao3_20200730220201

頭は一つしかないからなぁ・・・。

好きな手芸のこと考えたりしてたら俳句はできないし、音楽聞いててもダメ、本を読んでてもダメ
俳句に集中してないと出来ないからほんと、大変。

いいかげん俳句頭に切り替えて考えないと日にちが迫ってきたぞー。

 

 

2020年6月13日 (土)

句会

コロナの影響で三カ月ほどお休みでしたが 昨晩は久しぶりの句会でした。

生徒(参加者)はご近所の奥様方 六名で、月一回、第二金曜日の夜に先生のお宅(こちらもご近所)でお勉強します。

私は皆さんに会うのだけ(?)が楽しみで参加させていただいてるんんだけど (笑)

落ちこぼれなので毎回 10句詠んで持参するのは そうとう大変なこと。

鈍い頭を捻ってみても語彙の少ない私には 表現の仕方が今一つパッとしないし
詩心も乏しいし、感動することさえ衰えてしまってるからなぁ・・・

などと 句が浮かばない日は特に情けなくて
ほんと 止めたくなります。

宿題が終わってない子供の夏休み最後の日の気分で 毎月ギリギリになって作るのが常なのに
今回は 珍しく一週間前に10句出来てたので 余裕~で参加しました。(笑)

 

20200612

 

私の提出した句の中で 結構票を頂いたのが

衣更えて街若くなる月曜日

丁度6月1日の衣更えの日が”月曜日”だったということもあるけど
”月曜日”は週の初めだし、今週も頑張るぞ!というハツラツさもある日だし
衣替えて明るい色の衣服になって若々しく、如何にも元気そうな風景を詠めて
自分でも気に入ってたので 票を頂いて嬉しかったです。Kao2_20200613105001

でも”月曜日”に引っ張られて句が出来るなんて・・・ね。
新たな発見!

2020年5月14日 (木)

楽しみあれこれ

昨晩のTV番組『歴史秘話 ヒストリア』
2年に渡ってNHKが撮影した正倉院の宝物の数々とヒストリーは感動的でした。

海外で作られ、シルクロードを渡って日本へもたらされてたと思われてた宝物の
約9割が国産だったというのにも驚かされました。

美しさもさることながら 修理をしながら数世紀に渡ってリレーされ
未来へつなぐ日本の宝。

それらを作り出した先人たちの技術と美意識のの高さには感服しました。

コロナが収束したら、、、今年こそ正倉院展へ行ってじっくり観てきたいなぁ
秋には大丈夫かしらん?

11月に東京である同窓会の時期に国立博物館で「正倉院展」あったらいいなぁ~~
ってな ノ~天気なことを考えてる私。。。

 

 

今日のニュースでは「緊急事態宣言」解除地域もぼつぼつ出てきてるようだけど、、、

来月はまだお遍路行けないだろうし まだステイホームは続くだろうから
こんな時に ちょっくら読んどこうと思って 、、、

20200514a2

文庫本をポチっとしてみました。 Animal_chara_computer_buta110_20200514220701

 

 

最近の娘のStay House生活は、、、「sewing」らしい。
ワンコのおべべ制作から自分の洋服作りにギアチェンジ(笑) スカートを縫ったと画像が送られてきました。


ウエストゴムのスカート。直線縫いだけーーー。で完了。

この白いラインは、、、、布端にプリントされてる メーカー名?や素材名?はたまたメイドインジャパンの文字(笑)らしい。
普通、布は布端の耳と呼ばれてる2cmくらいのところは切り取ってから使うんだけど
知らない娘は 布の端っこも全部使ったためこんなのが出たみたい。

 

『これもデザインとして考えて わざと端を使って出してみたことにしたらいいよね?』の言葉で一件落着の母娘(笑)
何でも 有り! いっぱい作ってたらコツも分かるし上手にもなるよ。ここに見本がおりまする。

失敗は成功の母じゃ~~~~Kao1_20200514224401

20200514a1

 

 

 

2020年5月 4日 (月)

やっぱりね。

今日、首相から『緊急事態宣言』を5月31日まで延長するとの表明がありました。

まぁ、予想はしてたけどねー。

人ごみに出るのが好みでない私なので
毎年、連休とてその期間ににお出かけするわけで無し 外出自粛は苦にはならないものの
「出るな!」と言われると天邪鬼な気持ちが湧いてきて
「あら嫌だわ~ 欲求不満」とでも言いたくなります。

しかし ここが大事な時期

一日も早く収束させる為に、「うつらない、うつさない」為に、自粛しなくちゃね。

今はStay Home それが社会貢献!

延長より、、、今月末の【大相撲夏場所】の中止が決まったのが今日一番のショック!

 

夏場所は国技館なのでお相撲さんたちの移動もないし
先場所に続いて無観客で開催か?っと小さな希望を持ってたんだけど仕方ない。

 

Sumo_torikumi_20200504235101

 

『7月の名古屋場所については、「特別開催」として会場を国技館に変更し、無観客での開催を目指す。』だそうなので

楽しみにしておくといたしましょう。

 

2020年4月 2日 (木)

句会もお休み

俳句の同人誌「春星 四月号」届きました。
毎月1回の句会に提出した句の中から今回は三句載せていただけてました。

先生は最近東京のお孫さんの所へ行ってらしたとかで、
「コロナウィルスの影響を考えて、2週間は自宅に籠って自粛生活(?)をします」とのこと。

なので今月も 皆さんで集まっての句会はお休みになりました。

でも、、、宿題はあるから、ボ~っとしてられません。
10句作って期日までに先生のお宅のポストに入れておかなくてはね。 Kao3_20200402222101

20200402

 

 

2020年3月 4日 (水)

一日の最後はこれ!

一日の終わりにベッドに入って本を読んで(最近は目が疲れるようになったのですぐに止めるけど)
好きな音楽を1曲聴いてから眠るのが常だったけど、、、

最近はもっぱらYouTubeで
[快眠落語・睡眠用BGM  立川志の輔]ばかり聞いてます。

Rakugoka_oldman

 

夫が寝てるので遠慮してイヤホンで聞いてるけど たまに声出して笑ってしまうので Look_3_20200304232201
びっくりして目を覚まさせてしまうこともある。

ホント上手くて楽しすぎる。

一日の終わりに笑うっていいわぁ

 

2020年1月25日 (土)

ブラボ~!!

今日は佐渡裕指揮による【兵庫芸術文化センター管弦楽団 創立15周年記念特別公演】へ行ってきました。

こんな田舎へ”佐渡裕さん”ってこともあり(?)会場は満員でした。

ベートーヴェンの(有名な)名曲であるところのピアノ協奏曲の「皇帝」と交響曲「英雄」だったので
とても聴き応えがありました。

オーケストラの演奏に引き付けられたし、
ソリスト”エフゲニ ボジャノフ”のピアノも繊細ながらオーケストラに負けない迫力で魅了されました。

狭い(1200人程度)会場だからか 
息遣い(?)まで聞こえてくるほど全身で力強く指揮をされる佐渡さんは
本当に素敵でした。

ますますファンになったわ~~~Look_10_20200125195301

 

20200125

 

 

2020年1月24日 (金)

四国お遍路スタートです

醍醐天皇から弘法大師号を授与いただいて1100年の記念の年であり
またご利益がが倍増されると言われてる「うるう年」で
おまけに干支では60年に一度の 「庚子(かのえね)の年」

60歳を過ぎたころから一度は四国八十八か所のお遍路に出たいと思ってたものの
なかなか機会が巡って来ず延び延びになってましたが
やっと 回れることになりました。

この良き年に巡礼に出られるのも何かのご縁と感謝して早朝6時にジャンボタクシーで出発~~

週刊天気予報では雨のように聞いてたので初日から大変だと
諦めてはいたけど、、、やはり「晴れ女」の力でなんとか雨にも会わず六ヶ寺をお参りできました。

 

「うるう年」は”逆打ち”といって八十八番札所から逆回りでお参りするので
【大窪寺】からスタートです。

 

本堂と大師堂の2つのお堂の前でそれぞれお線香と、ロウソクを灯しお経を読みます。
経本があるので初めてでも読経できます。

お遍路をする人々を導く指導者である巡礼の水先案内人の「先達(せんだつ)さん」が作法や
お寺にお祀りしてる仏様のことを教えてくださるので
初心者には やはりツアーはありがたい。

月に一回、一年かけて巡ります

 

20200124a1

20200124a2

 

 

2019年12月16日 (月)

東京散歩

12/13(金)広島空港から東京へお出かけ~~
お昼過ぎに着いた東京は曇り空。広島はあんなに良いお天気だったのにね。

娘とのLINEでの会話がどうもかみ合わないと思ったら、、、
娘は平日で仕事なんだってことに気づいた私。

早とちりも甚だしい。
っということは、、、夕方まで一人で時間をつぶさなくっちゃいけないってこと。

早くわかってたら 予定も立てられたけどなぁ どないしよー。
まぁとりあえず、娘の家の最寄り駅に便利な駅(?)まで行って
荷物だけコインロッカーに入れることを優先して、、、【日暮里】へ。

【日暮里】へは手芸材料を買うのに繊維街の方面は何度も行ったことはあるけど
駅の反対側の【谷中】方面へは一度も行ったことがないので
今回はまずそちらを散策することに。

 「谷中銀座商店街」という下町レトロで、どこか懐かしい気持ちになれる街だそうで、、、
猫ちゃん好きにはたまらないグッズのお店も多く、
食べ歩きにもピッタリの食べ物屋さんも沢山あるみたいでした。

 

しかし、、、
おばちゃん一人ではコロッケ1個を食べ歩く勇気(?)もなく、
早々にきりあげて繊維街の方へ~~

 

20191216a1

 

やはり好きな手芸材料のお店を見て回る方が落ち着く。
結局、手芸材料の買い物だけで一日が終わりました~。

 

翌日14日(土)は今回の東京行の目的である『清塚信也xNAOTO』のコンサートの為 
娘と【紀尾井ホール】へ

20191216a2

このピアノとヴァイオリンの演奏会は両氏のオリジナル曲が多く演奏される
ラフなコンサートでユーモアを交えたお話しはとても楽しく、
繊細かつダイナミックな演奏に引き付けられたりの
あっという間の2時間でした。

 

ホール近くの【東京ガーデンテラス紀尾井町】の美しいイルミネーションで
クリスマスの雰囲気も味わい慌ただしく二泊三日の東京散歩終了~~

20191216a3

 


今年は珍しく忘年会の予定は無く、新年会が3回の予定。

12月ももう半分
早めに大掃除を済ませるとしましょうか。

 

2019年11月24日 (日)

平山郁夫美術館

近くにあると いつでも行けると思ってるからか、
まだ一度も行ったことがなかった【平山郁夫美術館】にやっと行ってきました。

高級料亭?と思わせるような門構えを
一歩入ると建物入口までのアプローチは静かで品が良く、心落ち着ける雰囲気がします。

建物は大きな切妻屋根が美しい日本建築。内部はナラ材が多用されてたり障子が入ってたりと
暖かみのある空間が心地よい 日本画にふさわしい佇まいの美術館でした。

 

20191123a1

20191123a3

フラッシュ、自撮り、三脚使用などは禁止ながら それ以外は基本的にカメラOKなのも意外でしたが
美術館にある有料のイヤフォンガイドの他に 
無料で自分のスマホを使ってQRコードを読み取れば
展示物の説明を平山画伯ご本人の声で聴くことができるようになってるのには驚きでした。

玄関を入ると直ぐのロビーには画家としてのスタートとなったと言われてる
玄奘三蔵法師のイメージを描いた院展出品作「仏教伝来」がありました。


20191123a2


平和を大切に思う画伯ならではの仏教をテーマにした作品を沢山鑑賞出来ましたが
私が一番感動したのは天竺に経文を求め中国に帰る僧を描いている「求法(ぐほう)高僧東帰図」です。

飢えと、疲労を感じながら足を引きずり今にも倒れそうに、それでも祈りながら歩いてるようなこの絵は
心の奥深くまで浸透してくる感じがしました。