フォト

過去の月別・カテゴリー別バックナンバー

yukikoのsewing日記

  • ゆっくり作ってま~す。

にほんブログ村

2020年1月25日 (土)

ブラボ~!!

今日は佐渡裕指揮による【兵庫芸術文化センター管弦楽団 創立15周年記念特別公演】へ行ってきました。

こんな田舎へ”佐渡裕さん”ってこともあり(?)会場は満員でした。

ベートーヴェンの(有名な)名曲であるところのピアノ協奏曲の「皇帝」と交響曲「英雄」だったので
とても聴き応えがありました。

オーケストラの演奏に引き付けられたし、
ソリスト”エフゲニ ボジャノフ”のピアノも繊細ながらオーケストラに負けない迫力で魅了されました。

狭い(1200人程度)会場だからか 
息遣い(?)まで聞こえてくるほど全身で力強く指揮をされる佐渡さんは
本当に素敵でした。

ますますファンになったわ~~~Look_10_20200125195301

 

20200125

 

 

2020年1月24日 (金)

四国お遍路スタートです

醍醐天皇から弘法大師号を授与いただいて1100年の記念の年であり
またご利益がが倍増されると言われてる「うるう年」で
おまけに干支では60年に一度の 「庚子(かのえね)の年」

60歳を過ぎたころから一度は四国八十八か所のお遍路に出たいと思ってたものの
なかなか機会が巡って来ず延び延びになってましたが
やっと 回れることになりました。

この良き年に巡礼に出られるのも何かのご縁と感謝して早朝6時にジャンボタクシーで出発~~

週刊天気予報では雨のように聞いてたので初日から大変だと
諦めてはいたけど、、、やはり「晴れ女」の力でなんとか雨にも会わず六ヶ寺をお参りできました。

 

「うるう年」は”逆打ち”といって八十八番札所から逆回りでお参りするので
【大窪寺】からスタートです。

 

本堂と大師堂の2つのお堂の前でそれぞれお線香と、ロウソクを灯しお経を読みます。
経本があるので初めてでも読経できます。

お遍路をする人々を導く指導者である巡礼の水先案内人の「先達(せんだつ)さん」が作法や
お寺にお祀りしてる仏様のことを教えてくださるので
初心者には やはりツアーはありがたい。

月に一回、一年かけて巡ります

 

20200124a1

20200124a2

 

 

2019年12月16日 (月)

東京散歩

12/13(金)広島空港から東京へお出かけ~~
お昼過ぎに着いた東京は曇り空。広島はあんなに良いお天気だったのにね。

娘とのLINEでの会話がどうもかみ合わないと思ったら、、、
娘は平日で仕事なんだってことに気づいた私。

早とちりも甚だしい。
っということは、、、夕方まで一人で時間をつぶさなくっちゃいけないってこと。

早くわかってたら 予定も立てられたけどなぁ どないしよー。
まぁとりあえず、娘の家の最寄り駅に便利な駅(?)まで行って
荷物だけコインロッカーに入れることを優先して、、、【日暮里】へ。

【日暮里】へは手芸材料を買うのに繊維街の方面は何度も行ったことはあるけど
駅の反対側の【谷中】方面へは一度も行ったことがないので
今回はまずそちらを散策することに。

 「谷中銀座商店街」という下町レトロで、どこか懐かしい気持ちになれる街だそうで、、、
猫ちゃん好きにはたまらないグッズのお店も多く、
食べ歩きにもピッタリの食べ物屋さんも沢山あるみたいでした。

 

しかし、、、
おばちゃん一人ではコロッケ1個を食べ歩く勇気(?)もなく、
早々にきりあげて繊維街の方へ~~

 

20191216a1

 

やはり好きな手芸材料のお店を見て回る方が落ち着く。
結局、手芸材料の買い物だけで一日が終わりました~。

 

翌日14日(土)は今回の東京行の目的である『清塚信也xNAOTO』のコンサートの為 
娘と【紀尾井ホール】へ

20191216a2

このピアノとヴァイオリンの演奏会は両氏のオリジナル曲が多く演奏される
ラフなコンサートでユーモアを交えたお話しはとても楽しく、
繊細かつダイナミックな演奏に引き付けられたりの
あっという間の2時間でした。

 

ホール近くの【東京ガーデンテラス紀尾井町】の美しいイルミネーションで
クリスマスの雰囲気も味わい慌ただしく二泊三日の東京散歩終了~~

20191216a3

 


今年は珍しく忘年会の予定は無く、新年会が3回の予定。

12月ももう半分
早めに大掃除を済ませるとしましょうか。

 

2019年11月24日 (日)

平山郁夫美術館

近くにあると いつでも行けると思ってるからか、
まだ一度も行ったことがなかった【平山郁夫美術館】にやっと行ってきました。

高級料亭?と思わせるような門構えを
一歩入ると建物入口までのアプローチは静かで品が良く、心落ち着ける雰囲気がします。

建物は大きな切妻屋根が美しい日本建築。内部はナラ材が多用されてたり障子が入ってたりと
暖かみのある空間が心地よい 日本画にふさわしい佇まいの美術館でした。

 

20191123a1

20191123a3

フラッシュ、自撮り、三脚使用などは禁止ながら それ以外は基本的にカメラOKなのも意外でしたが
美術館にある有料のイヤフォンガイドの他に 
無料で自分のスマホを使ってQRコードを読み取れば
展示物の説明を平山画伯ご本人の声で聴くことができるようになってるのには驚きでした。

玄関を入ると直ぐのロビーには画家としてのスタートとなったと言われてる
玄奘三蔵法師のイメージを描いた院展出品作「仏教伝来」がありました。


20191123a2


平和を大切に思う画伯ならではの仏教をテーマにした作品を沢山鑑賞出来ましたが
私が一番感動したのは天竺に経文を求め中国に帰る僧を描いている「求法(ぐほう)高僧東帰図」です。

飢えと、疲労を感じながら足を引きずり今にも倒れそうに、それでも祈りながら歩いてるようなこの絵は
心の奥深くまで浸透してくる感じがしました。

2019年11月 6日 (水)

目の保養

今日は着物デザイナーでアンティークの和装品収集家である池田重子氏の
帯留めコレクションの展示会へ着付け教室の皆さんと行ってきました。

2015年に89歳で生涯を閉じるまでに独自の審美眼でコレクションし続け、集められたコレクションの中から
今回は帯留めを中心にした展示会で、美術館級の貴重な逸品を拝見しました。

細工が素晴らしい象牙や彫金、ルビーやダイヤなど宝石をあしらったもの、螺鈿などの美しさに見とれたり
お花や虫、小さな小豆に至るまでの精巧な造りを目の当たりにして 昔の職人や芸術家の技に溜息が出たり。

たっぷり目の保養をさせていただきました。

 

20191106a1

 

目の保養の後は、、、やっぱり「お腹の保養」ってことで・・・・

ランチに『酒食屋 はじめ』へ~~
ここは いろいろなお料理を少しずつ味わえる日替わりランチが人気の小さなお店で

お出汁も調味料も100%天然系で、甘味も極力お砂糖を使わず、
安心安全をモットーにしてて洗剤にもこだわってるそうです。

20191106a2_20191106191701

「健康・美食ランチ」をいただきました。

このランチは、、、
旬の食材を使った7種類の優しい味のお料理に
茶碗蒸し+湯葉のお味噌汁+専用ブレンド米

デザートにコーヒーと小さいケーキが付いたもの。

充実したメニューでした。

今日もお陰様~~ 

 

2019年10月19日 (土)

充実した一日

今日は小・中学校の同窓会でした。
参加者は23人。
田舎の小さな学校で、我々の学年は50数名しかいなかったので約半分が集ったわけになります。

40年ぶりに参加してくれた人も居て、
『道であっても絶対わからんわぁ~~』と言いながらも
じっくり見てる(話してる)と子供の頃の面影を発見して、『やっぱり〇〇ちゃんじゃわぁ』などと
賑やかな会話が弾み、楽しい時間を過ごしました。

元気で集えることに感謝です。

とうぜん皆、二次会へと流れるんだけど、、、
『私は、ちょっと用事があるので・・・』と言ってここで失礼させていただいて
お名残り惜しいけど仕方ない。以前からチケット購入してたチェロの演奏会へ~Icar5922_20191019233401

 

20191019

 

第一部は「月の光」・「ユモレスク」・「モルダウ」などクラシックの定番局、
第二部は「オペラ座の怪人」・「イエスタディ」・「レット・イット・ゴー」など
ポップスや映画音楽という構成でとっても親しみやすい演奏会でした。

チェロの音色はやっぱり秋が似合う~♪ 

同級生と会って興奮したり、チェロの音色で優しく癒されたり、
充実した(?慌ただしい??)一日でした。

2019年10月 6日 (日)

久々にバロック

『佐藤俊介とオランダ・バッハ協会管弦楽団』の演奏会に行ってきました。
もちろん全曲 バッハですKao1_20191006203001

佐藤氏は古楽アンサンブルの世界的名門、オランダ・バッハ協会管弦楽団の音楽監督に就任し
その管弦楽団を率いて、音楽監督として初の凱旋ツアーが今 全国で行われてるそうですが
そのツアーがこんな地方の芸術ホールで聴けるとはなんという幸せ~♪


バッハにはまったのはずいぶん前。
娘がピアノを習ってた子供の頃に始まります。

娘はピアノが嫌いで練習曲の「ツェルニー」は嫌がってあまり練習しなかったけど
バッハの「インヴェンションとシンフォニア」は何故か良く弾いてました。

それをきっかけに母娘ともバッハが大好きになったという訳です。

この楽団は10人前後の少人数での演奏なので
ホールの広さの割にはこじんまりしてる為『どうかしら??』と始めちょっぴり思ったけど、、、
かえって集中して聴くことができたし 久しぶりにバッハの曲に浸かった!って感じでした。Look_10_20191006185601

 

20191006a2

20191006a1

アンコールも2回。

最後は「G線上のアリア」も聴かせていただけて大満足!!でありました。

 

2019年7月20日 (土)

笑った~~

ご近所の女子友(?)四人で『清水ミチコ お楽しみトーク&ライブ』へ行ってきました~~

1,200席ほどある会場は満員!

20190720

物まねも、歌も上手いし、おしゃべりも楽しくて 笑いっぱなしの1時間半でした。Look_3_20190720185601

こんなに楽しいとは~。
予想以上の楽しさに大満足!!

 

↓ポチっとよろしくお願いします

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

2019年4月 7日 (日)

東京散歩(二日目)

東京二日目(4月3日)は足を延ばして日光へ~~🚗💨
夫は初めての日光。私は高校の修学旅行以来です。

4月というのに気温の低い東京を出発して日光へ到着したら、、、なんと真冬並みの寒さでした。

まずは【日光東照宮】へ

20190403a1

『見ざる、言わざる、聞かざる』で有名な 「三猿」や
煌びやかな装飾の「陽明門」、「眠り猫」を見て、「奥社宝塔(家康公の御墓所)」まで行きました。

 

20190403a2_1



平素 運動不足の私にはちょっぴりハードでしたが
漆や極彩色を施された柱や建物はやはり見ごたえがあります。

鳴き龍で有名な「薬師堂」にも寄り、説明係の人が打つ拍子木に共鳴する天井に描かれた大きな龍も見ました。
(残念ながらここは撮影禁止でしたが)

いろは坂を登って「華厳の滝」へ。

エレベーターで100m下の観瀑台まで降りて真正面で見ると音も相まって大迫力!!
滝の途中は凍ってました。

20190403a3

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年3月13日 (水)

久々の、、、

昨日はお友達三人で広島までお出かけです~~
久々の、、、歌舞伎(?) っと言っても舞踏ですが、、、。

中村七之助の早変わり、お見事でした。

しかし お美しい~~

20190312a1

時間も短いし、少々物足りなかったけど・・・
まぁ また次の機会を楽しみにするとしよう。

帰りがけに またまた久しぶりにデパートへ。

三人とも着物で出かけたので 呉服売り場へ行ってみたら
丁度 手組の帯締めのデモンストレーションをやってたので
見てたら、、、
余りにも素敵なので三人とも衝動買いです。

20190312a2

気持ちもルンルンでエスカレーター降りて来ると
歩きやすそうなスニーカー発見

底が特殊な作りになってて歩行時の衝撃を吸収するんだとか。

着物姿で試着(履?)はかなりシュールな姿ではありますが、、、

こちらも購入~

お花見に履いて行こっと

20190312a3

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31