フォト

過去の月別・カテゴリー別バックナンバー

My Shop

  • 手芸材料のwebshop

yukikoのsewing日記

  • ゆっくり作ってま~す。

2018年12月 6日 (木)

春星 12月号

今月も届いた俳句雑誌『春星』

10句投稿した中から今回は三句 選んでいただいてました。rock

ビール缶潰しならべてゐる夜長

旅立ちぬ色無き風を従へて

夜の奥まで木犀の香が追ひ来

「旅立ちぬ・・・・」の句の季語は色無き風

「華やかさのない風」という意味で、身にしみ渡るような寂寥感をいったものなので
その季語を使って
旅立って逝った方を思って詠んだ句です。

今月の句会は いつもより早くて14日(金)
宿題10句作らなくてはいけないのに、、、、まだ1句も出来てないsad

焦る~~

20181206

2018年12月 5日 (水)

久々の映画

ボブロスIbo1から なかなか脱しない夫の気分を変える為
昨日、久々に夫婦で映画行ってきました~cardash

観たのは、、、クイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』

ボーカリスト、フレディ・マーキュリーの
栄光の陰のコンプレックスと孤独を感じながら
最後のシーン 伝説のライブエイドへ。

.スタジアムで15万人を前に、「ボヘミアン・ラブソディ」をピアノ弾きながら歌う彼の姿に
泣けましたー。

IMAXシアターだったので
ライブシーンは臨場感に溢れていて、感動的でした。

20181204


2018年10月19日 (金)

沁みる歌声

昨晩は友人達5人で広島グリーンアリーナでのLIVE
『小田和正 TOUR2018「ENCORE!!』行ってきました~~bullettraindash

カープのクライマックスシリーズ第2戦が気になりつつもcoldsweats01
集中(?)してLIVEを楽しむことに。

20181018

しかし、、、70歳(71?)とは思えない澄んだ歌声は心にまっすぐ届き
歌詞に癒され、涙がでる。

アリーナ席には舞台正面からほぼ∞状に花道が設えてあり 
観客満遍に より近くに。という配慮が感しられたし
数カ所で歌いながら客席に下りて観客と一緒に歌うこともあったりで
温かい心遣いとサービス精神が伝わりました。

我々の席はその花道のすぐ横heart04
間近でその爽やかなお顔と歌声を拝見できて もぉ~感激でした。lovely

歌詞を映しだす大きな電光掲示板も沢山設置されてるのも いいねぇ~

歌声を聞くと同時に歌詞を目で追ってると沁みるのも倍増

大切な人、家族、友人の顔が頭の中に浮かんで胸いっぱいになったりして
全30曲  約3時間 あっという間でした。

2018年10月11日 (木)

マイ・フェア・レディ

昨晩は友人と一緒にミュージカル『マイ・ファ・レディ』を観劇しました。

ロンドンの下町生まれの花売り娘であるイライザが街で出会ったヒギンズ教授に、
上流階級に相応しい貴婦人になれるように言葉遣いや作法を習い
洗練された女性へと変身を遂げていく物語。

『マイ・フェア・レディ』と言えば、オードリーヘップバーンの映画を見た覚えがあるのだけど
(TVtvでですが、、、coldsweats01) ストーリーはすっかり忘れてましたsweat02

それでも有名どころの曲 
「踊り明かそう」や「運が良けりゃ」など2~3曲は聞き覚えがあったので、
このミュージカルの曲だったのかと再認識した次第。happy02

今回はイライザとヒギンズ教授はWキャストという事で
昨夜は 神田沙也加のイライザ、別所哲也のヒギンズ教授でした。

伸びやかな歌声で 生き生きとしたイライザ像を演じた沙也加さんはもとより
他のキャストの方たち、華やかな舞台、場面チェンジなど全てが素敵でした。

18時30分開演して 終わったのが22時
家に帰ったらrvcardash23時まわってまして、、、、

夫とワンコIbo1 はとーぜん(?) グッスリ夢の中~~~sleepy でしたcatface

20181010

2018年9月24日 (月)

文化・芸術を楽しむ~(3)

東京三日目
今日は友人達と歌舞伎座で待ち合せて11時からの昼の部を観劇です。

私は広島県から、後の3人は山口・愛媛・大阪から集いますが
これも歌舞伎通のYUMIちゃんが皆の席を予約をしてくれるお蔭で
本当に感謝感謝です~。

筋書きも買って、、、、
舞台の進行に合わせて、出演者の紹介、あらすじ・衣裳・道具・音楽から
歌舞伎独特の約束事など、観劇の邪魔にならないようなタイミングで
解説をしてくれる「同時解説イヤホンガイド」も借りて準備OK!

昼の部の演目は、、、

もともと文楽の作品と言う「金閣寺」で始まりました。

私には台詞が難しかったー。
ガイドが無かったらチンプンカンプンだったかもcoldsweats01

しかし、
桜の木に縛られた雪姫が足で桜の花びらを集めて描いた鼠が、縄を食いきるという奇跡が起こる場面は とっても美しく見応えがあったし、
見せ場も多く華やかな作品でした。

次の演目は「鬼揃紅葉狩り」

こちらはストーリーが分かりやすく衣装や景色が綺麗だし
後半の鬼が出て来て怖いのも迫力があって面白かった~~。

最後は「河内山」

こちらは 吉右衛門さんが主役ですheart04

最後の場面でタンカをきる長台詞は本当にカッコイイし~~大満足lovely

20180920a2

観劇後はやっぱり甘いものを。
興奮を皆で共有するのもまた楽し。ですup

お名残り惜しいけど 
また会える日を楽しみに 元気でね~~paper

20180920a1

2018年9月23日 (日)

文化・芸術を楽しむ~(2)

東京二日目。

『藤田嗣治展』が開催されてる【東京都美術館】へcardash10時頃到着~
人気は予想してたが、、、いやに人が多い・・・・??。

この日は「シルバーデー」とやらで65歳以上は入場券が無料になるんだと。wobbly
知らなかった・・・。

何と、、、90分待ちsad

せっかく来たのだから諦められず列に並ぶことに。

お天気も良く、気温が高かったしあまりの人の多さに入場待ちだけで
ちょっと疲れたけど

「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」など、精選された作品が鑑賞できて
嬉しかったです。

20180919a1

この後は大好きなお相撲ですheart04
土俵入りも見たいので 3時半までには入場しなくては!

ゆっくり美術館へ居たら、時間が無くなったのでランチは諦めて急ぎ国技館へcardash

20180919a2
館内に入って指定の屋号の案内所に行くと、、、

たっつけ袴姿の「出方さん」が出迎えてくれ、
お弁当やお土産などが入った袋を持って 広い館内をスムーズに席まで案内 してくれるので助かります。

桟敷席が予約できなかったので 2階席だったけど
前の方だし椅子席は足が痛くならないし、良かったです。

娘は初めての観戦に テンションマックス(?)
大声で声援しながら 盛り上がる母娘upup

20180919a4

娘はcardash運転して帰らないといけないので 私だけbeerいただきました~
スポーツ観戦にビールってやっぱり最高ですわ!!

20180919a3

お相撲が終わって娘と別れ、、、、
私は友人達と合流して9時頃から軽~~く女子会。

築地のお寿司屋さんでお喋りに花を咲かせす。
話題は ”割引き運賃”についてhappy02

四人とも明日は歌舞伎の昼の部を一緒に観劇する為
地方からそれぞれ上京して待ち合せた訳だけど、、、、、

たとえ100円の割引であっても 話が盛り上がるのが私達らしい。happy01

結局11時頃までワイワイして また明日!と言って別れ、
私は母を迎えに来てくれた孝行娘に感謝しつつ ご帰還cardash

お風呂を済ませたら知らぬ間に夢の中でした~~sleepy

2018年9月21日 (金)

文化・芸術を楽しむ~(1)

18日(火)~20日(水)まで、東京へ行って来ました~airplane

今回の目的は歌舞伎、美術館、大相撲。
盛り沢山の三日間でした。

一日目は、、、お昼前に羽田へ到着後、
娘が食べログで知ったという神宮近くのお店へcardash

【MOKUBAZA】って20席ほどの小さなお店で 開店直後というのに満席。
行列ができる人気店らしい。

頼んだのは おススメの「チーズキーマカレー」
ドーム形に盛ったご飯の上にキーマカレーがかかってて、
とろとろの溶けたチーズで覆い、その上に生卵の黄身がトッピングされてます。

女子が大喜びするようなインスタ映えするビジュアルもとっても可愛い~~heart04

お味はスパイシー。 私にはハ~ハ~ものですが 癖になる美味しさでした。up
行列ができるのも頷けます。

20180918a1

夜の部の歌舞伎は4時半からなので早々に銀座へ移動です。

銀座の駐車場は大体 30分=300円ってとこが多いけど、、、
娘がよく利用するのは 一日=1,500円とか1,200円で停められるところらしく
慣れたもので チャチャっと入庫後
三越の地下で幕間に頂くお弁当を調達していざ歌舞伎座へ~~

夕飯の献立の心配も、ワンコのお散歩時間も気にせずに 
こんな時間からゆっくり観劇できることに感謝しなくては。

20180918a2

夜の部は幸四郎さんの「三番叟」にはじまり、
吉右衛門さんの「俊寛」へ。

最後は「幽玄」。
こちらは舞踏と打楽器の融合した新作歌舞伎舞踏でした。

【鼓動】と言えば半纏姿で、汗を飛ばしながら大太鼓を乱れ打つ集団。
ってイメージだったけど、、、、
打楽器を力任せに叩くのではなく 紋付き袴で楽器として繊細さで扱い 
大小の太鼓や笛で挑み、演奏しながら自ら謡うという 斬新さ。

玉三郎さんの優雅な舞と相まってとても迫力があり、見ごたえがあったけど
歌舞伎通の方々からしたらちょっと・・・・って声も聞こえて来そう??sweat01

明日は、、、お相撲へ~~~up

 

2018年6月28日 (木)

快挙??

俳句の同人誌七月号が来ました。
おそるおそる開いてみると、、、

五月の句会の時提出した句の中から
なんと!先月に続き三句も選ばれてました~~wobbly

六月号に続いての三句は私史上初めての事 快挙ですわ!up

だしぬけに蛙の声がとり囲む

葉桜の色を濃くして雨あがる

甘藍を刻み見ぬちに幸湧きぬ

甘藍(カンラン)というのはキャベツのことで初夏の季語になります。

無心でキャベツの千切りをしてる時、
何気ないけど、これが幸せっていう事なんだろうなぁと
ジンワリ感じたのを句にしてみました。

20180628

2018年3月18日 (日)

ぶらり東京の旅・2日目

ぶらり東京2日目。

昨年6月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん、シャンシャン(香香)にも会いたいし、、、
TV番組tv「日曜美術館」紹介されてたのを見て行きたいと思った
『アラビアの道ーサウジアラビア国王の至宝ー』展へも、、、

なので まずは上野へGo~~cardash

10時半頃に到着したものの 残念ながら観覧整理券の配布が終了してたので
諦めて【東京国立博物館 表慶館】へ移動。run

とっても良いお天気で暖かい。
『お散歩日和だね~heart01
っと 娘とたわいないお喋りしながら ゆっくり穏やかな気持ちで歩くと気分が晴れます。

20180314a1

20180314a2

『古代より交易路が張り巡らされ、人々と諸文明が行き交ったアラビア半島の躍動的な歴史と文化を示す、サウジアラビア王国の至宝が日本で初めて公開』

とのことなので 期待に胸膨らませて入館しました。

アラビアの先史時代、
マカルで見つかった動物を模った石彫など、話題の出土物から始まり
時代を追って順路が続きます。

メソポタミア文明とインダス文明をつなぐ海上交易で繁栄したアラビア湾(ペルシャ湾)沿岸地域の出土物が展示されてるブースでは 
大きな祈りのポーズをした「祈る男」 が圧倒的な存在感で出迎えてくれました。

宗教的、呪術的な要素が感じられる
精緻な文様が刻まれた石製容器なども多数展示されてました。

巡礼をテーマにしたブースでは
美しい書体のアラビア文字が刻まれた墓石などから、
当時のイスラーム教徒たちの新たな文化と信仰を紐解いたり
イスラーム美術の魅力が紹介されてて
17世紀に聖地マッカのカァバ神殿で実際に使われていた扉 も展示されており
重厚な金属の扉が荘厳な雰囲気を醸してました。

20180314a3

観光目的の入国が認められてないサウジアラビア王国の貴重な文化遺産が
約400点も展示されてるのを見ることが出来て感激でした。up

しかし平日にもかかわらず 想像以上の混雑ぶりには驚きましたわ~。

2018年3月17日 (土)

ぶらり東京の旅・1日目

3月13日(火)から二泊三日で 東京をブラブラして帰りました。

本当は一か月前にも 一泊の駆け足で行ってairplane
こちらは 夫と二人でバタバタと用事だけ済ませて帰って来たけど、、、、
今回は、娘と二人で楽しみました。

一日目。
まずは、、、お芝居へ

娘が早くからチケットを買ってくれてた
三谷幸喜演出の喜劇『江戸は燃えているか』を観劇。

中村獅童、松岡昌宏を中心に芸達者な出演者たちが思いっきり楽しませてくれました。

まさかの歌や踊のシーンも、必死なドタバタも、
出演者たちをも笑いを堪えるあのアドリブの台詞も・・・・・。up

心の底から笑いました~~heart04 

20180313a1

買いたい物があるわけでもないのだけど
お上りさんなので 銀座をウロウロしてhappy02 駐車場へ帰ってると、、、

あの有名な【Ukai-tei(うかい亭)】みっけ~eye

20180313a2
レッドカーペットに 重厚なオブジェ(?)が 庶民の我々には眩しすぎるわ~shine
敷居が、、、高い。高すぎる。

こんなお店は柄ではないので素通りさせていただいたものの
やっぱりお肉が 食べたくなったので、、、
焼き肉へGO!!cardash

それでも いつも地元で行く焼き肉店とは違い少しばかり贅沢なお店。coldsweats01

こちらはお店の人がテーブルへ来て焼いてくれるので
焼き過ぎることもなく、美味しくいただけましたup

20180313a3
20180313a4


笑って、食べて、幸せ幸せ~~




より以前の記事一覧

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31