フォト

過去の月別・カテゴリー別バックナンバー

yukikoのsewing日記

  • ゆっくり作ってま~す。

にほんブログ村

2019年11月24日 (日)

平山郁夫美術館

近くにあると いつでも行けると思ってるからか、
まだ一度も行ったことがなかった【平山郁夫美術館】にやっと行ってきました。

高級料亭?と思わせるような門構えを
一歩入ると建物入口までのアプローチは静かで品が良く、心落ち着ける雰囲気がします。

建物は大きな切妻屋根が美しい日本建築。内部はナラ材が多用されてたり障子が入ってたりと
暖かみのある空間が心地よい 日本画にふさわしい佇まいの美術館でした。

 

20191123a1

20191123a3

フラッシュ、自撮り、三脚使用などは禁止ながら それ以外は基本的にカメラOKなのも意外でしたが
美術館にある有料のイヤフォンガイドの他に 
無料で自分のスマホを使ってQRコードを読み取れば
展示物の説明を平山画伯ご本人の声で聴くことができるようになってるのには驚きでした。

玄関を入ると直ぐのロビーには画家としてのスタートとなったと言われてる
玄奘三蔵法師のイメージを描いた院展出品作「仏教伝来」がありました。


20191123a2


平和を大切に思う画伯ならではの仏教をテーマにした作品を沢山鑑賞出来ましたが
私が一番感動したのは天竺に経文を求め中国に帰る僧を描いている「求法(ぐほう)高僧東帰図」です。

飢えと、疲労を感じながら足を引きずり今にも倒れそうに、それでも祈りながら歩いてるようなこの絵は
心の奥深くまで浸透してくる感じがしました。

2019年11月 6日 (水)

目の保養

今日は着物デザイナーでアンティークの和装品収集家である池田重子氏の
帯留めコレクションの展示会へ着付け教室の皆さんと行ってきました。

2015年に89歳で生涯を閉じるまでに独自の審美眼でコレクションし続け、集められたコレクションの中から
今回は帯留めを中心にした展示会で、美術館級の貴重な逸品を拝見しました。

細工が素晴らしい象牙や彫金、ルビーやダイヤなど宝石をあしらったもの、螺鈿などの美しさに見とれたり
お花や虫、小さな小豆に至るまでの精巧な造りを目の当たりにして 昔の職人や芸術家の技に溜息が出たり。

たっぷり目の保養をさせていただきました。

 

20191106a1

 

目の保養の後は、、、やっぱり「お腹の保養」ってことで・・・・

ランチに『酒食屋 はじめ』へ~~
ここは いろいろなお料理を少しずつ味わえる日替わりランチが人気の小さなお店で

お出汁も調味料も100%天然系で、甘味も極力お砂糖を使わず、
安心安全をモットーにしてて洗剤にもこだわってるそうです。

20191106a2_20191106191701

「健康・美食ランチ」をいただきました。

このランチは、、、
旬の食材を使った7種類の優しい味のお料理に
茶碗蒸し+湯葉のお味噌汁+専用ブレンド米

デザートにコーヒーと小さいケーキが付いたもの。

充実したメニューでした。

今日もお陰様~~ 

 

2019年10月19日 (土)

充実した一日

今日は小・中学校の同窓会でした。
参加者は23人。
田舎の小さな学校で、我々の学年は50数名しかいなかったので約半分が集ったわけになります。

40年ぶりに参加してくれた人も居て、
『道であっても絶対わからんわぁ~~』と言いながらも
じっくり見てる(話してる)と子供の頃の面影を発見して、『やっぱり〇〇ちゃんじゃわぁ』などと
賑やかな会話が弾み、楽しい時間を過ごしました。

元気で集えることに感謝です。

とうぜん皆、二次会へと流れるんだけど、、、
『私は、ちょっと用事があるので・・・』と言ってここで失礼させていただいて
お名残り惜しいけど仕方ない。以前からチケット購入してたチェロの演奏会へ~Icar5922_20191019233401

 

20191019

 

第一部は「月の光」・「ユモレスク」・「モルダウ」などクラシックの定番局、
第二部は「オペラ座の怪人」・「イエスタディ」・「レット・イット・ゴー」など
ポップスや映画音楽という構成でとっても親しみやすい演奏会でした。

チェロの音色はやっぱり秋が似合う~♪ 

同級生と会って興奮したり、チェロの音色で優しく癒されたり、
充実した(?慌ただしい??)一日でした。

2019年10月 6日 (日)

久々にバロック

『佐藤俊介とオランダ・バッハ協会管弦楽団』の演奏会に行ってきました。
もちろん全曲 バッハですKao1_20191006203001

佐藤氏は古楽アンサンブルの世界的名門、オランダ・バッハ協会管弦楽団の音楽監督に就任し
その管弦楽団を率いて、音楽監督として初の凱旋ツアーが今 全国で行われてるそうですが
そのツアーがこんな地方の芸術ホールで聴けるとはなんという幸せ~♪


バッハにはまったのはずいぶん前。
娘がピアノを習ってた子供の頃に始まります。

娘はピアノが嫌いで練習曲の「ツェルニー」は嫌がってあまり練習しなかったけど
バッハの「インヴェンションとシンフォニア」は何故か良く弾いてました。

それをきっかけに母娘ともバッハが大好きになったという訳です。

この楽団は10人前後の少人数での演奏なので
ホールの広さの割にはこじんまりしてる為『どうかしら??』と始めちょっぴり思ったけど、、、
かえって集中して聴くことができたし 久しぶりにバッハの曲に浸かった!って感じでした。Look_10_20191006185601

 

20191006a2

20191006a1

アンコールも2回。

最後は「G線上のアリア」も聴かせていただけて大満足!!でありました。

 

2019年7月20日 (土)

笑った~~

ご近所の女子友(?)四人で『清水ミチコ お楽しみトーク&ライブ』へ行ってきました~~

1,200席ほどある会場は満員!

20190720

物まねも、歌も上手いし、おしゃべりも楽しくて 笑いっぱなしの1時間半でした。Look_3_20190720185601

こんなに楽しいとは~。
予想以上の楽しさに大満足!!

 

↓ポチっとよろしくお願いします

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

2019年4月 7日 (日)

東京散歩(二日目)

東京二日目(4月3日)は足を延ばして日光へ~~🚗💨
夫は初めての日光。私は高校の修学旅行以来です。

4月というのに気温の低い東京を出発して日光へ到着したら、、、なんと真冬並みの寒さでした。

まずは【日光東照宮】へ

20190403a1

『見ざる、言わざる、聞かざる』で有名な 「三猿」や
煌びやかな装飾の「陽明門」、「眠り猫」を見て、「奥社宝塔(家康公の御墓所)」まで行きました。

 

20190403a2_1



平素 運動不足の私にはちょっぴりハードでしたが
漆や極彩色を施された柱や建物はやはり見ごたえがあります。

鳴き龍で有名な「薬師堂」にも寄り、説明係の人が打つ拍子木に共鳴する天井に描かれた大きな龍も見ました。
(残念ながらここは撮影禁止でしたが)

いろは坂を登って「華厳の滝」へ。

エレベーターで100m下の観瀑台まで降りて真正面で見ると音も相まって大迫力!!
滝の途中は凍ってました。

20190403a3

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年3月13日 (水)

久々の、、、

昨日はお友達三人で広島までお出かけです~~
久々の、、、歌舞伎(?) っと言っても舞踏ですが、、、。

中村七之助の早変わり、お見事でした。

しかし お美しい~~

20190312a1

時間も短いし、少々物足りなかったけど・・・
まぁ また次の機会を楽しみにするとしよう。

帰りがけに またまた久しぶりにデパートへ。

三人とも着物で出かけたので 呉服売り場へ行ってみたら
丁度 手組の帯締めのデモンストレーションをやってたので
見てたら、、、
余りにも素敵なので三人とも衝動買いです。

20190312a2

気持ちもルンルンでエスカレーター降りて来ると
歩きやすそうなスニーカー発見

底が特殊な作りになってて歩行時の衝撃を吸収するんだとか。

着物姿で試着(履?)はかなりシュールな姿ではありますが、、、

こちらも購入~

お花見に履いて行こっと

20190312a3

2019年2月17日 (日)

すぐ死ぬんだから

図書館で借りた本>

内館牧子 著

『すぐ死ぬんだから』

20190217


友達から「面白いよ~」と勧められ 図書館で借りた本。

ページを開くとのっけから、、、

年を取れば、誰だって退化する。
鈍くなる。
緩くなる。
くどくなる。
愚痴になる。


・・・・中略

・・・・

どうせ「すぐ死ぬんだから」となる。
そのくせ、「好奇心が強くて生涯現役だ」と言いたがる

身なりにかまわなくなる。
なのに「若い」と言われたがる

「うんうん分かる~~。」と引き込まれた。

「60代になったら、男も女も絶対に実年齢に見られてはならない」という
モットーで生きている主人公78歳のハナはお洒落で若々しく 勢いが小気味いい。

それでも「人間は中身よ」と言う人はいる。その言葉が好きな人は、たいて中身がない。
それを自覚し、外側から変えることだ。外が変わると中も変わってくる。

やりたいことやって楽しんだ方が絶対トク!

ハナより一回りほど年下の自分だけども、、、、

人は加齢にどこまで抗えるのか。どうすれば品格のある老後を迎えられるのか。
考えとかないとね。

あっさり すぐに後期高齢者になるぞ~~

2018年12月 6日 (木)

春星 12月号

今月も届いた俳句雑誌『春星』

10句投稿した中から今回は三句 選んでいただいてました。

ビール缶潰しならべてゐる夜長

旅立ちぬ色無き風を従へて

夜の奥まで木犀の香が追ひ来

「旅立ちぬ・・・・」の句の季語は色無き風

「華やかさのない風」という意味で、身にしみ渡るような寂寥感をいったものなので
その季語を使って
旅立って逝った方を思って詠んだ句です。

今月の句会は いつもより早くて14日(金)
宿題10句作らなくてはいけないのに、、、、まだ1句も出来てない

焦る~~

20181206

2018年12月 5日 (水)

久々の映画

ボブロスIbo1から なかなか脱しない夫の気分を変える為
昨日、久々に夫婦で映画行ってきました~

観たのは、、、クイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』

ボーカリスト、フレディ・マーキュリーの
栄光の陰のコンプレックスと孤独を感じながら
最後のシーン 伝説のライブエイドへ。

.スタジアムで15万人を前に、「ボヘミアン・ラブソディ」をピアノ弾きながら歌う彼の姿に
泣けましたー。

IMAXシアターだったので
ライブシーンは臨場感に溢れていて、感動的でした。

20181204


2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31