フォト

参加ブログ

過去の月別・カテゴリー別バックナンバー

My Shop

  • 手芸材料のwebshop

yukikoのsewing日記

  • ゆっくり作ってま~す。

2017年11月23日 (木)

ついに、来た?

book図書館で借りた本>

群ようこ 著

『ついに、来た?』

久々に群ようこ作品 読みました。

高齢の身内に”ついに、来た”認知症。
その介護にあたふたする家族の姿を描いた短編集。

誰もが避けて通れない「親」たちの老いというシリアスなテーマを、著者らしくユーモアを交えて綴ってるので悲壮感が無いし クスリと笑いも出る。

いつ始まりいつ終わるのか先が見えない介護は
経験上、実際こんなに甘くはないのだけど、、、
『どうにかなるんじゃないかしらん?』って気持ちにさせてくれる本でした。

20171123

2017年11月20日 (月)

ハレの日

ここ数日は再会の日々でした。

90歳を過ぎた足の悪い叔母が、遠方から父のお墓参りにおいでたり、
中学校から仲良しだった友人に会ったりと、
どちらも数年ぶりでとっても嬉しい時間を過ごすことが出来ましたしup

昨日の日曜日は友人達と岡山で集合しました~~heart01

歌舞伎を楽しむ為 大阪、山口、愛媛、広島から
久々に四人で集まったという訳です。bullettrain

三人は着付け教室で勉強してることもあり
今回は「お着物で楽しもう!」ってことになってたので 
私は朝早くから 着付けに悪戦苦闘。sweat01

『帯は真っ直ぐなってる??』とか・・・夫にもチェックしてもらってcoldsweats01
やっとこさ出発~bullettraindash

演目は
 ・義経千本桜(すし屋)
 ・釣女

いがみの権太と呼ばれるならず者(中村獅童)に起こる悲劇と、親子の情に
涙を誘う見どころあふれる作品の「すし屋」

一方の「釣女」は狂言をもとにした作品でユーモラスな内容の舞踏劇。

チケット手配していただいた歌舞伎通のYちゃんのお蔭で良い席で観劇出来たし
着物を着てお出掛けという いつもと違う「ハレの日」
楽しみました~~up

20171119

2017年11月14日 (火)

人は見た目が9割

<図書館で借りた本>

竹内一郎 著

『人は見た目が9割』

タイトルの印象が強かったので最近の本かと思ってたら
初版の発行が2005年だから、、、結構古い本だったんだー。coldsweats01

ベストセラーになって久しいんだね。

決して『美男美女が得する。』って言ってる本ではなく、happy02
言葉よりも伝達力の高い「ノンバーバル(非言語)コミュニケーション」を磨きなさい!
っていう内容だった。

言葉は7%の情報しか伝えない。

顔つき、しぐさ、目つき、におい、色など言葉以外の要素が多くの情報を伝達している。

人は「見た目」でほとんどの印象が決まる。っていうのがこの本の主張するところみたい。

確かに、うなずくことができますねぇ。

20171114

2017年11月 8日 (水)

着付け教室の日

着付け教室の日はお天気が気にかかります。

今朝も起きた時 直ぐ空を見て、、、tvテレビの天気予報で確かめます。
っと言うのも 雨が降ったら着付け教室に着物で行かない(行けない)から。

習い始めの頃は 洋服で行って、教室で習って先生に直してもらって
そのまま着物を着て帰ってたけど
最近は まがりなりにも 一人で着れるようになったので
着て出かけるからです。

一人で着られるのが嬉しくて 着付け教室の日は
『雨が降りませんように』と願ってるんだけど、、、、朝、雨だったらガッカリします。

幸い、今日は小雨だし、時間とともに回復するとのことだったので
着て行くことが出来ましたup

今日の着物は紺色の紬、
同系色の帯合わせてスッキリした組み合わせにしました。

20171108


2017年10月31日 (火)

十一月号

俳句の同人誌【春星】十一月号が届きました~。

9月の句会の時 提出した句の中からどれが選ばれてるか?
いつもの事ながらドキドキ しながら開いてみると、、、、

オ~~ォ 何という事でしょう~ 三句 選んでいただけてましたup

 

人の愚痴聞いて眠れず虫すだく

勝ち虫や人無きプール一飛びに

褒められて単衣袖振りランチ会

三句抜いていただけたのは 八月号以来2度目になったけど
先生曰く、、、『良くできてる句と、そうでない句の差が激しい』とのこと。sadsweat01

難しいです。

ご近所友達で俳句遊びを始めて丸2年。
皆さん 順調に上達されてて素晴らしい。 

月一回の句会はとっても勉強にはなるんだけど
私自身はなかなか・・・・ねぇ

感受性が鈍ってるのか??shock

20171031

2017年10月23日 (月)

道は遠いけど

去年の11月から作り始めたタペストリー、パッチワーク部分が半分くらいまでできました~。

ほんと、やっとです。
本当はもうとっくに終わってる予定だったんだけど、、、coldsweats01

オーソドックスな「オハイオスター」に■をアップリケした可愛いパターンを30枚作らないといけないところ、、、27枚までこぎつけたものの
そのパターンとパターンを繋ぐのがまた細か~~い。

『なんで ここまで細かいの・・・』っと思いつつも
これが楽しいんだから仕方ないhappy02

繋ぎ終えたら ひと針ずつちくちくキルトしないとね。
まだ完成まで道は遠いけど 一歩ずつゆっくりいくといたしましょう。sweat01

20171023

2017年10月 5日 (木)

素敵な日本人

book図書館で借りた本>

東野圭吾 著

『素敵な日本人』

9篇からなる短編集。

ミステリーだけでなくファンタジーもありので刺激的すぎないとこも丁度いいし
寝る前に1日1話ずつ読むつもりだったけど、サクサク読めた。

20171005
面白かったのは、、、
近未来の話で子供を持つか持たないか決める前に、精巧に作られた赤ちゃんロボットで育児体験してみるって話の「レンタルベビー」

「水晶の数珠」って話はぐっときて 涙でました~。

しかしなんで「素敵な日本人」なんてタイトルが付いているのかは謎だわん。

2017年9月 8日 (金)

やったね!

昨日はカープ、対阪神三連戦目も逆転勝利して三戦三勝up
遂にマジック8が点灯した~~heart04

2位の阪神に三連勝は出来て 良かった良かった。

20170908 カープが勝った日は
 スポーツニュースを全てチェック。

 
 結果が分かってるので安心して見れるし
 何回も見ても嬉しいね。

 

 

 

早くに点灯してたマジックも点いたり消えたりで やきもきしてたけど・・・
これでやっと 優勝が近づきました。

もうこうなると優勝の日が気になるところ
本拠地のマツダスタジアムでの胴上げが見たいですわ~。

頑張れカープsign03

 


2017年8月22日 (火)

虹色のチョーク

book図書館で借りた本>

小松成美 著

『虹色のチョーク』

社員の7割が知的障がい者という
神奈川県川崎市にあるチョーク製造会社・日本理化学工業株式会社。

「日本でいちばん大切にしたい会社」と呼ばれる理由を
日本理化学工業の会長や社長、働く社員、障がい者のご家族へのインタビューを通して、「働く幸せ」を伝えるノンフィクションの本です。

テレビでこの会社のことが取り上げられてるのを偶然観て
早速図書館へ予約し、やっと順番が来ました。

20170822

会長がたまたま同席した禅僧から聞いた「人間の究極の四つの幸せ」の話に・・・


物やお金をもらうことが人としての幸せではない。

人に愛されること
人に褒められること
人の役に立つこと
人から必要とされること

とおっしゃったそうです。

加えて

『人に愛されることは、施設に居ても家にいても、感じることができるでしょう。   
  けれど人に褒められ、役に立ち、必要とされることは働くことで得られるのですよ。

 その人たちは働くことによって幸せを感じれるのです。
  施設に居てゆっくり過ごすことが幸せではないのですよ。』
とも。

話を聞き、

工場で働いてる障がい者たちは本当に幸せなのか、
障害のある人に仕事をさせることは正しい道なのか。
など 

悩み、いくつも疑問に思ってたことが
目から鱗が落ちるように払拭でき 障がい者雇用の決意を新たにし

知的障がい者が
お世話される側・施される側から脱却し、
力強い労働者になる方法を考え出していくのでした。

重度障がい者だから福祉施設で一生面倒見てもらえばいいというわけではありません。
つまり、健常が障がい者に寄り添って生きる『共生社会』ではなく、『皆働社会』なのです。

会社が取り組んできた障害者雇用の理想と現実。
その歩みには頭が下がるとともに

働けるということに幸せを感じながら勤務している障がい者の方々の姿勢に感動したし、
働くとは何か、幸せとは何か、をあらためて考えさせられた本でした。

 

2017年8月19日 (土)

俳句の日

今日8月19日は『俳句の日』

20170819matsuo_basyo


「819」が語呂合わせで「はいく」と読めることから

京都教育大学教授で正岡子規研究家の
坪内稔典が提唱し
夏休み中の子供たちに俳句に親しんでもらうという
意味合いが込められているそうです。

世界最小の定型詩である俳句は
「季語」を必ず埋め込むという約束事があるけど
近年発達した外国語のHaikuは
それには必ずしもとらわれないとか。

俳句と言えば直ぐ頭に浮かぶのが松尾芭蕉の

古池や蛙飛び込む水の音

五月雨を集めて早し最上川

など 誰もが知ってる句が沢山ありますねー
卓越した直感的な表現が素晴らしいこと~lovely

昨晩は月1回の定例の句会だったけど
私は宿題の10句が出来ず、、、7句提出というテイタラク。coldsweats01

他の皆さんも先生もお盆で忙しかったにもかかわらず
きちんと宿題こなして 優秀です~~~

特に先生の句の中で好きだったのは

千の蝉抱いて忙し(せわし)と山が鳴く

こんなのが詠めるようになりたいなぁ

私など、着眼点もイマジネーションも貧相だし・・・なかなか上達はしないけど
っま、楽しみながら長く続けたいですわ

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31