フォト

参加ブログ

過去の月別・カテゴリー別バックナンバー

My Shop

  • 手芸材料のwebshop

yukikoのsewing日記

  • ゆっくり作ってま~す。

2017年5月19日 (金)

よくやった!カープ

昨晩は友人6人でカープ観戦へ~~bullettraindash

駅でカープの試合チケットを見せると、
新幹線のチケットが割引になる『赤ヘルきっぷ』が買えます。

観戦しながらbeerビールを飲む派の我々は 
車じゃなくいつもbullettraindashで行くことにしてるので
割引きは とってもありがたいですわ~up

20170519a1


前日、エラーでまさかの負け試合だったので
気合が入ってたのか(?) 面白いように点が入り 快勝uplovely

とっても盛り上がったし、暑かったしbeerビール3杯も飲んじゃった happy01good

20170519a3

球場に行く度に少しずつグッズが増えまして、、、coldsweats01
今回はトートバッグと団扇買っちゃいました~

2017年5月14日 (日)

行ってきました!

本日快晴sun 風もそよそよ吹いて絶好のサイクリング日和up

同級生3人で【しまなみ海道】をサイクリングしてきました~~bicycledash

『自転車は10年ぶりに乗るけど、、、大丈夫かいな?』などと心配してたけど、、、
大丈夫。乗れましたが
60歳過ぎたオバチャンライダーには少々過酷な(?)happy02チャレンジでした。

 

尾道駅前のレンタサイクルターミナルで予約してた電動アシスト自転車を借りて
9時30分 いざ出発~~bicycle

尾道から、、、次の島「向島」へフェリーで渡り、
渡った「向島」の沿岸を走って
次の島「因島」へ渡る『因島大橋』をめざします。

道路には水色の線が引かれ、進行方法が表示されてるので間違いなく進めます。good

20170514a1

『因島大橋』は二層になっており、上段は自動車道路、
下段は「歩行者と自転車専用道路」と「二輪車用道路」に分かれてました。

道が狭いので自転車がすれ違う時など 緊張してフラフラして
接触しそうになるので止まって待って、やり過ごしました。
オバチャンライダーは慎重ですhappy02

因島大橋通過した時点で 足がすでに笑ってる状態bearing
日頃の運動不足を思い知らされる~~。

20170514a2

次の島は「生口島」

因島から『生口橋』を渡って島を半周し、
次の「大三島」へかかる『多々羅橋』まで行きたかったけど
尾道へ戻る余力を考えて、、、『生口島』を渡ったところまでで 引き返すことに。coldsweats01

20170514a3

縦一列で走行する自転車ではおしゃべりが出来ないのが残念だけど
サイクリングはとっても気持ちがいし楽し~~い。notes

風があったからか汗もあまりかかないし、
ウグイスの鳴き声やミカンの花の匂いに包まれてペダルを漕ぐのは
爽快でした。

「大浜の灯台」くらい立ち寄れるかとも思ってたけど、、、
結局どこにも寄ることも無く 尾道へ戻ることにしました~despair

帰りは 返却時間を気にしながら ひたすら自転車を漕ぐのみ~~~bicycledash

尾道まであと3Km の表示を見た時には 
『帰って来れた!!』と安堵して 急に元気がまた少し湧いてきたものの
太ももだけじゃなくお尻も痛くなって ほぼ体力の限界も近いが、、、、

往復約43Kmの距離を走って3時前に無事 帰って参りました~~。

長年 やってみたかった「橋を自転車で渡る」って夢が遂に叶いました。up

明日 足が動くのか、、、それだけが不安だ―sweat02

20170514a4

 

2017年4月30日 (日)

薪能

昨晩は、どうにか都合がついたので予定してた【薪能】に。cardash
お食事は諦めて、、、、鑑賞だけだけど 一人で運転して行きました。

先に来てた友人たち三人とも開演前に会えました。

20170429a2

”能 狂言”は初めてだったので
YouTubeで「能を楽しむための基礎知識」や「」を事前に
にわか勉強してcoldsweats01  いざ~~。

【ホテル賀茂川荘】開業50周年記念公演ということで
「翁」「高砂」「末広かり」の おめでたい演目でした。

 

20170429a1
ホテルの日本庭園内にある能舞台【月花殿】(屋外)なのに、
チケットには雨天決行とあったのでどういうことかと思いきや、、、
座席部分には大きなテントが張られてました。good

400席ほどの座席は ほぼ満席。
お着物姿の中高年の方も多く見受けられました。皆様素敵~~♪

18時30分開演だったので、
始まった時はまだ明るく、ウグイスなどの野鳥の鳴き声もしてとっても良い雰囲気。

ふつう能舞台の後ろの板には「松」の絵が描かれてますが
こちらは吹き抜け舞台なので自然の樹木が美しく趣がある。

時間が経つにつれ 周りが暗くなって、その中に舞台だけが明るく浮かび上がって
とっても美しく、引き込まれて目が離せませんでした。up

はじまりは静々と「翁」から

」は他の能とは別格で戯曲性がなく一種の神事として極めて厳粛且つ儀式性が濃い、古風な様式を備える能で
天下泰平・国土安穏・五穀豊穣を祈願してめでたい舞を舞い延年を祝福する

とのこと。

ゆっくりした動作で始まるし、おおよそのストーリーはYouTubeやパンフレット確認済みながら
発する言葉も意味わからないし、眠くなるのでは?・・・と少し心配だったけど
それどころか目が冴えて、

鼓や笛などの囃子や 掛け声?合いの手?(ハッ~とかヨ~ォとかイヤ)も 
リズミカルで不思議と とっても心地よい。

最後、野村萬斎氏の三番叟などは、、、
装束を付けて飛んだり跳ねたりする訳だからさぞかし身体能力が高いのだろうと
感心しながら躍動感に満ちた舞に見とれてしまいました。lovely

高砂」は 謡がポピュラーな高砂や~~notesなので馴染みやすかったし

狂言の「末広かり」は子供番組かなんかで以前やってたのでストーリーは知ってたけど
本格的な狂言で鑑賞するのは初めてなので期待大でワクワク~。

コミカルなので会場からも笑い声が聞こえるなど
能を鑑賞してる時とは空気が変わり 楽しめました。

歌舞伎と違って能・狂言は三味線が無いのでお囃子の雰囲気が全然違うし
セリフが謡調なので、セリフに聞こえずらく言葉の意味が解らないので
どちらにしても 私には事前の勉強が必須ですが、、、ね。coldsweats01

「翁」の出だしの
『とうとうたらりたらたらり・・・・』は呪文のようでいつまでも耳に残って気になる~~

また 機会があれば是非行きたいと思ったのでありましたsign01

2017年3月23日 (木)

笑った~

友人達と一泊二日で長崎県の【ハウステンボス】へ行ってきましたbullettraindash

お天気と体調が心配だったけど・・・やっぱり日頃の行いが良いからかcoldsweats01
前日から降ってた雨も出かける頃には小降りになり、ハウステンボスへ着いた時には
すっかり上がってました。

微熱も平熱になったし、食欲も出て体調もほぼ好調~up
行きの新幹線の中から 皆さん舌好調~~happy02

到着後、園内の【ホテル アムステルダム】へチェックイン後、早速散策です。
お花が一杯でとっても綺麗だし、、、町並み もまるで外国。

高所恐怖症(?)の私も皆と一緒に頑張って観覧車に乗ったし、アトラクションもたくさんあって子供から大人まで楽しめるところがいっぱいありました。

20170321a2
夜はイルミネーションが綺麗だし、パレードがあったり、船に乗って園内を遊覧したり
ホテルへ帰ってからはもちろん部屋飲み会~~wine

20170321a4

「セグウェイ」のような体重(重心)を移動させて動く「エアホイール」という乗り物で
園内散策を経験up

初め緊張して曲がれなかったりしたけど すぐに慣れて

オバチャンライダーのお通り~~~notes

20170321a1

丘の上から運河を越えて、ワイヤーロープを約300m
一気に滑り降りるスリル満点のアトラクション「シューティングスター」をやってみたくて
列に並んでハーネスを装着して貰って 丘の上にある木製の矢倉台まで登ったものの
怖くなって、、、、 リタイアweep

友人達は 立派に滑り降りましたgood

私が一番 やる気満々だったのに、、、情けないことdespair

まぁ これも楽しい思い出になった。ってことでねbleah

20170321a3

歳を忘れてよく食べ、よく飲み、よく笑った~~shine



2017年2月23日 (木)

たけはら町並み雛めぐり

友人達とちょっと足を延ばして竹原へ cardash

広島県中南部の瀬戸内海沿岸に位置する竹原市は安芸の小京都と言われ、

江戸時代後期に製塩や酒造業で栄えた屋敷や、由緒ある寺院が数多く残っており、
江戸時代の雰囲気を今に伝えるとともに、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されてる一角があります。

この町並み保存地区にある旧家に伝わるお雛様が展示されるお祭りをしてるということで
行ってみました~run

20170223a2
20170223a4

お昼は蔵を改装した【cafe青】でランチを~~delicious 

ボリュ~ミ~だし、おいちいlovely

20170223a320170223a1

朝ドラ「マッサン」で有名になった【竹鶴酒造】の「竹鶴政孝とリタさんの像」があったり
持ち上げて願い事をすると幸運が来るというお地蔵さんがあったり。っと

近場ながらブラブラすると結構 観光気分が味わえました~。up

20170223a5

2017年1月26日 (木)

長~いお付き合い

パッチワークの同好会仲間と ちょっと足を延ばしてcardash
いつものランチよりちょっとだけ リッチなランチで新年会~~heart04delicious

 

20170126


考えてみればもう25年来の長~いお付き合いです。
皆さますっかり塾女(熟婆)になりました coldsweats01

これからも 宜しく~~happy01paper

 

2016年9月28日 (水)

ミュージカル♪

昨晩は友人と一緒に劇団四季のミュージカル『ウエストサイド物語』を観ました。

差別や貧困、偏見という中で鬱屈した毎日を送ってる若者たちの叫びや、
吐き出された怒りのエネルギー。
何十年も前の作品なのに今の時代でも色濃く残っているのが悲しく心に響きました。

キャストの圧巻のダンスと歌は鳥肌ものだったし、
特に主役のトニーとマリア役の歌は(俳優さんの名前が分からず、、、残念)
素晴らしかったです!!

 

有名な曲「トゥナイト」や「アメリカ」がこのミュージカルの中の曲だったとは、、、
知らなかったワタシ。 お恥ずかしいcoldsweats01

スタンディングオーベーションで拍手が鳴りやまず
カーテンコールが7、8回ほどありました。

本当に行って良かった~~♪
誘ってくれたYUMIさんありがと~。

20160928

2016年8月18日 (木)

お盆休みは、、、

お盆休みもあっという間に終わりました。

毎年この時期 我が家に来て、魚釣りや海水浴を楽しみにしてる
甥や、姪家族には申し訳ないけど
今年は介護もあり私がバタバタ忙しいので 十分もてなすことが出来ないのもあり
取りやめてもらい、娘夫婦だけ三泊四日で帰省しました。

父がデイサービスに行った日、施設から帰宅する15時過ぎまで時間があったので
娘夫婦と因島までGO~cardash

【蕎麦はな】で ざる蕎麦と、
そばつゆで味を付けた卵焼き(画像撮り忘れ)でお腹を満たしました~~delicious
お蕎麦は細麺で腰があり、ツルツルして美味しかったです。

八朔で作った自家製ジャムをのせたそば粉のクレープをサービスでいただきましたが
こちらも美味しかった~~

20160818a1

直ぐ帰るつもりだったけど・・・。【地蔵鼻】へ

大きな岩にお地蔵さまが彫られてて、お地蔵様は潮が満ちていると見られず
大潮の時期の潮が引いた時だけ拝むことができます。


子授け・安産・厄除など、女性の願いが叶うといわれてるので行ったものの
途中の遊歩道が土砂崩れで塞がってる・・・・アララ despair

しかし娘は何のその
飛び降りて 石の上を歩いて岩の所まで一人で行ってきました。

20160818a2

ご利益有れば良いね。

2016年7月15日 (金)

当選!

大型客船【ぱしふぃっくびいなす】の船内見学会に応募して
幸運にも当選しましたので友人と三人で行ってきました~~up

ちょうど、父もデイサービスに行ってていない時間なので
出かけることが出来ました。coldsweats01

20160715a1

応募総数296通 710人だったらしいけど、当選者は 60人ほどでしたので
結構な激戦だったみたい。shine

しかし、、、、eye大き~~い!!

全長:183.4m 幅:25m 乗客数:620名 客室は234室もあります。
12階層もありちょっとしたビルのようです。

20160715a2

この船は横浜を出発して屋久島→四国の八幡浜→糸崎に寄港し神戸に着くまでの
5泊6日のクルージングツアー。

一番安い客室タイプでも、ひとり18万円以上もする豪華な旅行らしい。
(因みにロイヤルスウィートは80万円以上)

寄港地でオプショナルツアーもあって、
ゆったりと旅先で楽しむことが出来るプランが組まれてるとか。

 

20160715a3

 

船内はシャンデリアが迎えてくれるエントランスロビーからしてゴージャスで
広々としたダイニングルーム、シアタールーム、各種趣味のお部屋から
ジムにプールまで、快適に過ごせるような寛ぎの空間が沢山ありました。

”上質な旅”を過ごすことが出来るんだろうなぁ~~lovely 

1回で良いから船旅してみた~~い。

けど、、、
お金も時間も両方必要、、、。となると、、、

やっぱり無理だーcoldsweats01

2016年7月 8日 (金)

ベトナム旅行<4日目>

ベトナム4日目(6月29日)、ガイドさんとも昨日でお別れし
今日は完全フリータイムで自由に散策します。

帰りの飛行機は夜中(現地発:0時過ぎ)なのでたっぷり時間があります。

朝はゆっくり起きて、、、9時過ぎに朝食を。
軽いものが食べたかったので  お粥や果物を中心にいただくことに。

Ved1

お部屋で 昨日天秤棒のおばあちゃんから買ったライチも食べて、、、
市内巡りに出発!!

Ved10

旅行前に買うつもりだったベトナムのガイドブックを買いそびれて持ってなかったので
昨日のうちにガイドさんが日本語のマップを調達してくれました。

それを頼りにブラブラするとしよう~~

Ved4

まずは、、、ベトナムの首都であるハノイ【ハノイ駅】目指して歩く。dash

やっと ベトナムの道の横断方法を会得(?)したのでcoldsweats01
carやバイクbicycleが来てても渡れるようになってきました。run
ハノイ駅、、、さほど大きくはない。
待合室にクーラーは無く、大きな扇風機が。

ツーリストが困ってるのかと思ったのか
おじさんが切符売り場はあちら。と言って(多分こう言ってたんだと思うけど)
親切に教えてくれました。

暑い。とにかく暑いので飲み物を買おう。

しかし、、、ここには「自動販売機」ってものが無いので
売店で買うのですが、、、
”ぬるくない”ない程度の温度で さほど冷えてない。

トイレを探す・・・。首都の駅だけど、、残念ながら綺麗とはいえない。

だいたい どこでもペーパーを流すのは禁止なので
そばにあるカゴ(箱)の中に入れなくてはいけない。

よって、、、ニオイが、、、する。catface 
おまけに中国式同様(?) オープンだった~wobbly(ベトナムに来て初めて遭遇)

よく見ると、奥に個室がひとつあったので我々は順番に個室を使いましたが
鍵が壊れてるので 一人が外で押さえとくことに。coldsweats01

観光客が行く場所では経験することの無かったトイレ事情でありました。

Ved2_2

蒸し暑い中歩いて【セント・ジョセフ教会(ハノイ大聖堂)】
途中、スコールのように雨が降って来たけど 地図を頼りにひたすら歩きました。

途中道が分からなくなって 二度ほどアメリカ人の留学生に訪ねながら
無事 到着~~。

 

 

Ved5

ハノイ最古の教会でフランス植民地時代(1860年代)に建設された歴史ある教会です。
建屋の外観は薄汚れた感じですが、これはこれで雰囲気がありました。

 

この辺りは旧市街地にも近く、ベトナムの魅力がたっぷり詰まった
ハノイ一のグルメとショッピングのスポットと言われてるそうです。

小さなお店が 沢山ありましたのでいろいろショッピンングして回りました。

【INDIGO STORE(インディゴストア)】

ベトナムの少数民族が制作した
藍染め、草木染め、手織りの布など素材にこだわった
小物、シンプルで素敵な洋服を扱っているお店です。

こちらでポーチを購入~~heart04

Ved7

【ホアンキエム湖】

ホアンキエム湖は、市の中心にあり一周約1.8Kmの小さな湖です。
緑豊かな湖畔は、市民の憩いの場所となってるそうです。

亀の伝説は有名なお話のようで水上人形劇にもでてきました。

小さな一つの島には皇帝などが祀られた「玉山祠」があり、
大勢の人がお参りしていました。

Ved8

 

屋台で食事してる人も、お花屋さんのお花の台にも。
とにかくプラスチックの椅子は重宝がられてる様子。

安っぽいけど雨にぬれても平気だし、考えれば実用的。

決して衛生的とは言えない場所と、近代化され整然とした街並みと、
逞しく生活してる人々が混然となってたハノイ。

街は活気に溢れていて、人々の笑顔もすばらしく
今回はとってもパワーを感じた旅行になりました。

 

Ved3Ved6

いろいろお土産も買いました。

ベトナムビールは1本40~50円と超お安いので、夫へcoldsweats01
それに比べたら超~~高い 
ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆【コピ・ルアク】

Ved9

自分の為には、、、シックなお色の丁寧な手刺繍が美しいポーチと
水牛の角で作られたアクセサリーなどを購入。

丸4日間 ふたりともよくお喋りしました。
話が尽きないのが不思議です。

次はどこへ行こうか~~?と 帰国前に既に次の旅行先まで決まる私達。

何はともあれ元気で居なくてはね。happy01paper

Ved11

 

 

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30