フォト

2020年11月10日 (火)

母と眼科病院へ

地元の眼科医院で診ていただいてた母の白内障が進んで来たので
手術が出来る大きな病院を紹介いただき、
今日、手術前の検診に行って来ました。

評判は聞いてはいたけど、、、
大きな病院で患者さんの多さに驚くとともに、各種検査機器や医療器具など充実した設備にもさることながら
受付から各種検査、診断結果の伝達も含めスムーズで手際が良いし
数多くの医療スタッフに圧倒された初診日でした。


診察予約が9時だったので早朝7時に家を出発、
検査量が多かったので 結局自宅へ帰ったのは14時。

高齢の母もお疲れモードでした。

でも、手術日も決まったしひと段落です。

20201110

2020年11月 7日 (土)

やっぱり選ぶよね~

今日は二十四節気でいうところの【立冬】

厳密にいうと期間を表すので11/7~21日らしいけどね。
真冬の寒さに備えて冬の準備を始める「こたつ開き」もこの時期に行われるとか。

暦の上では”冬”と言うことだけど 今日の瀬戸内地方は小雨が時折降る暖かい一日でした。

”冬”は一番苦手な季節ではあるものの
考えようによっては”冬”が到来すると言うことはその後に続く”春”も近づいてるということだから
良しといたしましょう。

しかし、、、、最近やけにいろいろ目に付く「体によさそうな物」

もっぱら買ってる卵はこれ。

20201107

 

2020年10月14日 (水)

対象者です

市から「高齢者インフルエンザ予防接種費助成対象者通知」とやらが、、、届きました。

インフルエンザの発症や重症化を予防することで、新型コロナウイルス感染症との同時流行を防ぐ為
今年度に限り無料で接種を受けられるみたいです。

あまり平素 年齢を意識して暮らしてないから
『えっ??私も対象者??』とか思っちゃうけど
そっかー やっぱり「高齢者」なのよね。


私はこれまでインフルエンザの予防注射を受けたことが無いからなぁ・・・どーしよう。

 

20201014

 

 

2020年9月 1日 (火)

やっと膝、治りました。

5月の連休中に痛めた左膝、やっと治って「おじんじょ」が出来るようになりました。

※広島弁の「おしんじょ」→標準語では「正座」のことです。
この頃ではもう「おじんじょ」と言う人はめったに居ないかもしれません。

Pose_seiza_woman1

何をした訳でもなく階段を下りてる時 急に「膝」がピチッと音を立てたように感じて
痛み出したものの病院にも行かず、、、以来およそ4ヶ月、長かった~~。

我が家は階段が多いので(4箇所)やはり「膝」に負担かかるし仕方がない。

でも、自力で治ったから良しとしよう。
しかし油断大敵、気を付けないとね。

それというのも私の体重が問題なんだろうし、筋肉も付けないといけないのでしょうが。

夫が言うところの この「絶妙なポッチャリ加減」をどーにかしないとね。 Kao3_20200901194701


中学、高校と卓球部で汗を流し、あんなに毎日練習して運動大好きな活動的な女子だったのに、、、
あれから うん十年。運動とは無縁の生活になってしまって筋肉ってものが無くなってしまったもんね。

子育てが終わって通った 水泳、バドミントン、トレーニング教室なんかも長続きしなかったもんなー。
やっぱり体重落として 膝の負担減らすしかないね。

 

2020年7月21日 (火)

定期診察日

天気予報では夕方からお天気が崩れると言ってたけど
今朝は特に蒸し暑く、体が重い。(体重も重い。過去最高かも)

こんな日はクーラーの効いたお部屋でチクチク手仕事してるのが一番なんだけど
定期診察日なのでしかたない、昨日に続いて病院へ。

 

コレステロール値は安定して基準内だったけど、、、
相変わらずクレアチンの値が、悪い。(こちらの方も 過去最高かも)

父親が腎臓がん患ってたので クレアチニンの値には毎回敏感になって
腎臓機能に負担をかけないよう『もっと食事に気を付けなければ』と
血液検査の結果を見ると急に日頃の不摂生差を反省するものの
かなりいい加減な食生活の私。

本当はもっと塩分やたんぱく質を制限した方がいいんでしょうが。
「痛くも痒くもない」もんだから ・・・。

 

20200721

 

2020年7月 6日 (月)

ソーシャルディスタンス

活発な梅雨前線の意影響で一昨日以来 九州地方は大変なことになってるようです。

当地でも市の「危機管理課」から21時ごろ
災害対策本部の設置と一部地域に【警戒レベル4】の避難勧告の発令についてのメールが入りました。

我が家は浸水想定区域内ではないものの これ以上雨が強くならないことを願うのみです。

 

今日の午前中は雨の中、母の定期診察日だったので付き添いで病院へ行きました。Icar5922_20200706225901

9時30分頃に到着して脳外科・泌尿器科・内科・整形外科を受診して終わったのが14時でした。
この時間の長さは 老人でなくても疲れます。 

待合室はソーシャルディスタンスを保つよう椅子も間隔を開けて座るようになってるし
皆さんマスクも着用し、あ喋りしてる人もなく、静かでした。

母は血液検査の結果も特段変わりなく、心配なところも見当たらないし 
年相応に順調(?)な老化現象がみられるくらいです。

クレアチニンの数値は私より良くて 腎機能は正常なんですから全くもって心配はありません。

 

待ってる間、私も血圧を測ったら、、、相変わらずの低めの[至適血圧]の域でした。

 

20200706

2020年4月14日 (火)

定期診察日

今日は定期診察日。
こんな状況下なので、、、気乗りはしない(?)けど行ってきました。

幸い住んでる市内にコロナ患者は出てないものの
近隣の町に感染者が発生したり、学校が休校になったり
市内の公共施設が使用差し止めになるなどするので ジワジワ怖さが増してきますが
コロナに「かからない・うつさない」ように注意を各自がするしかない!

病院ではまず血液検査。
ず~~~~っと「クレアチニン値」が基準範囲をオーバーしてたのに、、、
何ということでしょう 辛うじてだけど基準以内になってるLook_2_20200414173401

水分をたくさん摂るようにしてるのが幸いしたのかしらん??

血圧も以前より上がったとはいえ「正常値」だし~~♪
検査結果の表中に「H(基準値オーバー)」や「L(基準値以下)」のマークが2個ほどしかなったし
ちょっと安心。


でも最近 不整脈(?)っていうのか
心臓がトトトトトントントントン打つのを感じることがあるから
一度 循環器科で診ていただくほうがいいかも。Kao3_20200414174701

 

20200414


お薬はこんな時期だから 最長の98日分処方していただきました。

次の診察日頃には コロナが収束してますように!

2019年12月12日 (木)

続きますように!

中学、高校と卓球部で汗を流し、
結婚してからはスイミング、バドミントン、と体を動かすことも好きな方だったけど、、、
ワンコが亡くなって以来お散歩もしないしスポーツサークルにも無縁。

どちらかと言うと家の中でじっと本を読んだり、
チクチク針を動かしたりして縫いものする方が年々好きになって来て
出不精(デブ症?)になってきて おまけに脂肪の方も身について、、、Kao3_20191212182601

このままでは健康に悪いと思ってはいても なんら行動も起こさないで暮らしてる私。
ですが、、、
『縄跳び』を始めることにしました!

20191212

 

普段何もしていない人が急に足腰に負担のかかるジョギングやランニングをすると
故障の原因にもなるけど
縄跳びは両足でバランス良く跳べば足腰にかかる負担はランニングより軽い。
とあのNHKの「筋肉体操」で注目を集めたTさんもおススメの『縄跳び』

これなら簡単に続けられそうだわ~。
初日から連続50回飛べたから 100回を目標に頑張る!

テレビを見てるときはバランスボール。これも体感を鍛えてくれるそうだからね。

続きますように!!

2019年9月27日 (金)

デイケア体験

デイケアを初体験した母。

帰宅予定時間の少し前から家の外に立って 
送迎の車で帰って来る母を
今か、今かと心配しながら待ってた私に言ったのは
『楽しかったよ~♪』でした。

20190927kaigo_kurumaisu_obaasan

 

施設の職員の皆さんや通所されてる方々に優しく接していただいて
『行ってみて良かった!』とのこと。

昨夜はやはり疲れたのか、早めに就寝。
いつもは2時間おきに目が覚めるのに、、、気づけば5時間も熟睡してたそうです。

 

体験させていただいたのは小規模でアットホームなところで
運動は主に体操と歩行などの軽いものだけの
「ゆったり・のんびり・楽しく」をモットーにした施設

来週体験させていただくのは もう少しリハビリの方に力を入れてる施設らしい。

どちらの施設を選ぶかな?

 

 

 

2019年8月 6日 (火)

至適血圧

今日は三ヶ月に一度の定期診察日

いつもながらクレアチニンと悪玉コレステロール値が少し高いくらいで後は正常値。

血圧値も変わらずの「至適血圧」の領域でした。

20190806

 

はじめて「至適血圧」と病院の備え付けの血圧計でプリントアウトされたレシートみたいなので見た時
「高血圧」「低血圧」しか知らなかった私はちょっとばかり不安になったけど、、、、

これは正常血圧よりもさらに理想的な値のことで、
脳血管疾患や心臓病などの病気のリスクが減り、年齢が高くなっても血圧が問題で起こる病気にかかりにくくなると言われてるので
最近は『良しよし』とひとりニンマリしてますが、、、、


これも何時ものことながら先生からは
『あとは、もう少し体重を減らしましょうかー』と言われチョッと凹む。

やっぱり、そこねーKao3_20190806085301

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧