フォト

過去の月別・カテゴリー別バックナンバー

yukikoのsewing日記

  • ゆっくり作ってま~す。

にほんブログ村

2019年12月10日 (火)

昔話で盛り上がる

近所に住む母の所に毎日のように通って、いろいろお喋りしてると
どんな話で母が喜ぶのかがよく分かります。

昔の苦労話をしてくれる時もそれはそれで懐かしそうだけど

やはり話の最後は楽しい思い出話しでしめるのが常になってます。

今日は私たちが子供だった頃の話で涙を流して大笑い。
多分 明日同じ話をしても同じ箇所で笑って盛り上がれるよね。絶対!

今日も食事が美味しく、笑って一日が終われてありがたい という母。

明日も笑わすよ~

20191210obaasan_face

 

 

 

2019年11月28日 (木)

思いやる気持ち

60代も半分過ぎ 人生、結構長~く生きて来てるというのに
いつまでたっても 気が利かないというか、気配りが足らないことに
時々 気づかされます。

母が『お願いがあるんじゃけど、、、』と 爪を切ってほしいと言われるまで
伸びてるのに気付いてあげられなかった。
爪切りを握る力も無くなって来てるし、足の爪にも手が届かなくなってるので
いつも注意はしてたのに、、、
忙しさにかまけて ちょっと油断してたみたい。

自分でする方が気兼ねもないし、
人にものを頼むのは言いにくいのに
私が早く気を利かせることが出来てたら、、、と

申し訳なく、自己嫌悪で凹んだりすることも再々。

それとなく「思いやる気持ち」って大事よね。

まだまだ 修業が足りません。

 

20191127

 

 

 

2019年9月28日 (土)

発展途上!

お彼岸が過ぎ、涼しくなるかと思いきやここ3,4日蒸し暑い日が続いてます。
雨でも降ってくれれば一気に涼しくなるでしょうが、、、。

今年は彼岸花の開花が例年より遅いのも そのせいかしらん?

 

 

20190928a1

 

 

夕方母の家に行くと 本を読んでました。
本好きだった父の本棚の中からこんなのを見つけたからと言って
読んでた本が、、、「新 ものの見方考え方」

<内容説明>を見ると
自分中心の考え方から脱却、総合的な洞察力を身につける日本人の《おもいやり》《やさしさ》を、国際的視野できたえ直すための7講。

とある。

88歳も過ぎてまだ自分を鍛え直す気でいるのかしら?Kao_4_20190928184501

まだまだ発展途上の柔らか頭の母に 脱帽!! 
私も見習わせていただきますわ。

 

20190928a2

 

2019年9月27日 (金)

デイケア体験

デイケアを初体験した母。

帰宅予定時間の少し前から家の外に立って 
送迎の車で帰って来る母を
今か、今かと心配しながら待ってた私に言ったのは
『楽しかったよ~♪』でした。

20190927kaigo_kurumaisu_obaasan

 

施設の職員の皆さんや通所されてる方々に優しく接していただいて
『行ってみて良かった!』とのこと。

昨夜はやはり疲れたのか、早めに就寝。
いつもは2時間おきに目が覚めるのに、、、気づけば5時間も熟睡してたそうです。

 

体験させていただいたのは小規模でアットホームなところで
運動は主に体操と歩行などの軽いものだけの
「ゆったり・のんびり・楽しく」をモットーにした施設

来週体験させていただくのは もう少しリハビリの方に力を入れてる施設らしい。

どちらの施設を選ぶかな?

 

 

 

2019年9月25日 (水)

心境の変化?

母が、、、『デイサービス行こうっかなぁ?』と言い出しました。

2016年11月末父が亡くなって以来、一人暮らしの母。

近所に私が住んでるので不自由はないものの やはり単調な毎日で刺激が少なく
ご近所の方も たまにおしゃべりにみえるとは言え もう少し変化のある方が良いのでは?と
施設への通所を勧めたものの聴く耳持たない母でした。

無理強いしてもいけないと思ったので その話をしなくなってずいぶん経って、、、、、
最近、心境の変化か
『試ししてみて行けそうだったら行こうかなぁ』と言ったので
早速 地域包括支援センターへ連絡して介護支援専門員さんに相談し、
とりあえずデイサービスを体験することになりました。

20190925

明日は初めての体験通所。
どうなりますことやら~~

 

 

 

2018年1月30日 (火)

お蔭様

姪の結婚式の為、土曜日(1月27日)から二泊三日で母と共に東京へ

お天気にも恵まれ、行きの新幹線からは綺麗な富士山が

20180128a1

母はどうにかゆっくりだと歩けるものの
危なっかしいので車椅子をレンタルして出かけましたが
駅でも駅員さんが案内や、介助してくださるし とても助かりました。

結婚式翌日は、はとバスの「東京一日コース」を楽しみ夕方帰路へ。

『皆のお蔭で 孫の結婚式も出席できたし、観光もできてほんまに幸せじゃわ~』と
母は大喜びで この三日間 食欲旺盛、すこぶる元気。
疲れも見せずに無事帰宅することが出来ました。

次は曾孫の報告を楽しみに長生きしたいそうです、、。

20180128a2

2017年3月 7日 (火)

こんな時代も・・・

父の百か日法要も終わりました。

実家を片付けてるといろんな懐かしいものが出て来て
その都度 昔話が出るのでなかなか整理に時間がかかるけど
母とそんな時間を過ごせるのも楽しい事です。


嬉しそうに見せてくれたのは、、、母の子供の頃の写真です。
妹たちとお雛様を楽しんだ時のだそうです。

みんな 綺麗な着物を着せてもらってて
お雛祭りは特別な日だったことが分かります。

『ほんまに立派なお雛様だったんよ~』と懐かしく思い出話をしてくれました。

『この子が 80もとっくに超えるおばあさんになったんじゃけえねー。可笑しいね。』
と 感慨深げでした。

20170307

2017年1月29日 (日)

練習

父が亡くなって早いものでもう2ヵ月。

母は一人になったとはいえ 私が近所に住んでて毎日行ってることもあり
安心して暮らせることを 感謝してくれてます。

動作は緩慢ながら 認知の度合いも大したことが無いし、
それなりではあるけれど 家事も何とかこなせるし、
ご近所さんも毎日のようにお喋りに寄ってくれるので 寂しさもまぎれ
随分元気になりました。

今年は孫の結婚式があるので、
その日を目標に もう少ししっかり歩けるようにならなければと
「老人カー」で歩行練習をすることに決めました。

まずは、家の中で操作に慣れてから、、、
もう少し暖かくなったら 外に出て、お散歩。

最終的には300m先のコンビニへ買い物に行けるようになりたい。と
とっても意欲的です。


20170129

2016年12月 6日 (火)

古い本見つけた

父が亡くなってバタバタする日が続いており、
役所や銀行などへの手続き関係は弟がやってくれるので助かります。

今日は父の本を整理してたところ こんなものが出て来ました。

90~100年くらい前の本です。祖母の物です。
どうやら 長唄や端唄の本らしい。

20161206a1


父は多趣味な人で、読書、囲碁、麻雀はもとより
若い時からスポーツで体を動かすことも大好きで 
草野球や卓球は遊び程度で楽しんでいましたが、、、

ボーリングが流行った頃はマイボールを持つほど のめり込み 
毎日ボーリング場へ通い練習。

ゴルフを始めたと思ったら これまた毎日のように打ちっ放しで練習し
結局 シングルの腕前にまでなりました。

凝り性な性格なので上手くなるまで それは熱心に練習する人でした。

そんな父が、三味線を習ってたとは・・・知りませんでした。
(子供たちが巣立ってから習い始めたみたいです)

母によると祖母(母の母)は娘時代、箏や三味線を習ってたそうなので
その頃の本に興味を持った父が譲り受けたとか。

しかし、、、
昔の人は こんな字が読めたのね~。私にはさっぱりでございます

 

 

2016年11月30日 (水)

ありがとうございました

11月27日(日曜日)の早朝、父が入院してる病院から早朝 容態が悪いと電話があり
兄弟全員が駆けつけました。

前日少し熱が出たので心配だったけど 私も風邪のひき始めか頭痛がしてたので
泊らず自宅に帰ってたところ
夜中に血圧も呼吸数も数値が下がったようでした。

食事を全く食べなくなって1週間。
50日ほど前に入院した時とは違い 別人のようにやせ細ってしまいましたが
家族に囲まれ、ゆっくりと安らかに眠るような最後でした。

余りにも 静かな旅立ちでした。

目の前の動かない身体はとっても不思議な感じがしました。

別れはとっても悲しいのだけど、涙は溢れるのだけど
今はもう小さな壺に入ってしまったのだけど
私が出来ることはやったし、悔いはないのだけど
どこか 実感が湧かないような変な気持ちです。

いろんな思い出が時間が経つごとに 浮かんできます。

父には 「ありがとうございました」の感謝の言葉しかありません。

より以前の記事一覧

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31