フォト

2022年3月31日 (木)

春星 四月号

三月も今日でお終い。
お正月が過ぎたと思ったらもう四月が来る。
って毎年同じことを言ってるんだけど、、、
ほんと一日が早く過ぎて嫌になってしまいます。

去年一年間 俳句誌に掲載された自分の俳句の中から自選六句を出し
その中の一句を挙げて「私の一句」と題して原稿用紙二枚程度(八百字)に
自解ないしは、それにかかわる俳論など自由に執筆するよう
先日ご依頼いただいてたのを やっと書き上げることが出来ました。

八百字って、、、、結構な文字数です。
拙い表現力しか持ち合わせない私にとっては 頭の痛い作業となり
書いては修正、修正の末、結局4時間ほどもかかってしまいました。

上手く書けなかったけど、、、 
まぁやるだけやった。良しとしましょう。


今日は結社の俳句誌【春星】の四月号が届き
今回は珍しいことに四句も選されて喜ぶ気分もつかの間。

もう四月の投句締め切りが一週間後に迫ってるんだから
のんびりしてはいられません。

 

足湯してかたき爪切る冬うらら

みかんひとつ泣きさうな子の掌に

春隣眠気ひとつを持ち帰る

ずっしりの蟹食べる母足太し

20220331

 

2022年1月30日 (日)

春星 二月号

結社の俳句誌 【春星】の二月号が届きました。

12月初めの句会(集まりが無かったので句を提出するのみ)に投句の中から
今回、選されたのは三句でした。

画数も多く、なかなか実生活では漢字で書くことのない「薔薇」って字も
俳句を詠むようになって書けるようになりました~~♪

この歳になってもまだまだ伸びしろあり過ぎ。
ってことは、、、
やっぱり私の学習してることが少ないって事ね。
あっちゃー o(>_<)o

 

嫉み秘めて小さき棘や冬の薔薇

山茶花の落つるを待ちてくしゃみする

箱みかんみなそれぞれに腐れ縁

20220127

2022年1月24日 (月)

漱石俳句集

お札の顔にもなったことのある「夏目漱石」は明治時代を代表する文豪ですが
俳句も沢山詠んでます。

子規と交遊が始まってから感化され俳句をつくり、生涯におよそ2600句も残したそうです。

斬新でユーモアのある句や、簡便でほんの軽い心持ちを大事に表現したような句の数々は
親しみが持てるし、この本を読む度に
『複雑に考える必要はない、見たまま感じたままを詠むのみ。』と
改めて諭される感じがして 
上達もスローで落ちこぼれの私だけども 今年もまた俳句頑張ろう!と思う次第なのですー。

 

20220124

 

 

 

2022年1月 5日 (水)

春星 新年号

年末に届いていたものの開いてゆっくり読むことも無かった【春星 新年号】
見ると、、、11月に出句した中から三句、選されてました~♪


干支が「寅」だからからか今年の表紙は「虎」
味のある書体と相まってなかなかいい感じであります。

めったに四句選ばれる事がない私だけど、、、
今年は5回/12カ月 選されることを目標に精進します!!たぶん。

20220105

木犀や取り残されしうば車

白黒の写真の中の草紅葉

花の香も十一月の雨が消す

 

 

 

2021年12月 2日 (木)

春星十二月号

俳句誌【春星十二月号】が届きました。

毎月の十句投句の宿題、
いつも期限日ギリギリに提出という体たらくにもかかわらず
今回は四句も選されてたのには自分でもビックリです。

 

九十の耳に届かぬ虫の声

不自由な不満に揺れる花芒

三秒フリーズ言葉忘るる宵の秋

鶏頭をしばし考え手折らざる

20211202

 

2021年11月 6日 (土)

春星十一月号

結社の俳句誌【春星十一月号】が届きました。

十月号では珍しく4句も選に入ってたものの続くわけもなく、、、
今月はいつも通りの3句でした。

 

盆の月七ページ目のしおり

秋天やおしゃれマスクに犬引いて

花木槿赤子抱く手は五ヶ月目

 

ずっとお休みだった句会も今月から再開されることになりました。
それはそれで嬉しいことなんだけど、、、

その日までにまた頑張って宿題の10句、作っとかないとねーーーー。


 

20211106

 

 

2021年9月28日 (火)

春星 十月号

結社の俳句誌【春星 十月号】が届きました。

今年になって集まっての句会が一度も無く、早や9月が終わろうとしてます。
8月に宿題の10句のみ作って投句(提出)した中から
今回は何と! 4句が選に入って「春星」に掲載されました。Look_7_20210928215801

全然自信のなかった10句だったので4句も選ばれるとはねー
分からないものです。

そろそろ来月は皆さんで集うことが出来るかしらん?

 

20210927

 

真っすぐに蝉の声降る甲高く(まっすぐに せみのこえふる かんだかく)

曜日と言う感覚失せて今日の秋(ようびという かんかくうせて きょうのあき)

飲みかけの炭酸水いま風過ぎる(のみかけのたんさんすい いまかぜすぎる)

音立ててすする三伏の昼餉かな(おとたててすする さんぷくのひるげかな)

 

2021年8月26日 (木)

春星 九月号

今日は俳句誌【春星 九月号】が届きました。

コロナがなかなか収まらないので皆さんと集まっての句会も出来ず、
毎月宿題として10句投句するだけが もう何カ月も続いてます。

これは7月に提出し
その中から抜いていただけたのが春星に掲載されてるわけだけど
やはり投句だけだと力が入らないと言うか、、、
それでも毎月3句掲載されるのは定着はしたものの
勉強が疎かになってて全然上達せず足踏み状態だもんなぁ。

いかん、いかん。

 

20210826

 

十薬にうづもれ夜の静寂かな

笑ふ子を見ては笑ふて梅雨籠り

良く笑ふみどり児来たり夏至の空



2021年4月 4日 (日)

春星四月号

先日届いてた【春星 四月号】
忙しくしててまだ開いてなかったことに気付き やっとめくってみましたら、、、

今回は三句抜いて掲載いただけてました~。Look_2_20210404161301

20210404

そこその程よき距離に寒雀

ものの芽をあまた抱へて土ふくるる

ぼんやりと春待つ島々今日も暮れ

 

今回は辛うじて三句だったけど、最近集中力無いし 俳句の方に頭が向かない。
今月の投句日は9日(金)どーしよー


 

2021年2月23日 (火)

春星 三月号

俳句誌【春星 三月号】が届いたので開くと
一月に投句した十句の中から三句抜いていただけて掲載されてました。

早くコロナの影響が無くなり
また、月一回の句会で皆さんと集えるようになれば良いんだけど、、、。

 

徐にまっすぐ太き咳ひとつ(おもむろに まっすぐふとき せきひとつ)

生かされてめくって起こす初暦(いかされて めくっておこす はつごよみ)

雪催母の手摩るに爪を切る(ゆきもよい ははのてするに つめを切る)

 

20210223

 

「雪催母の手・・・・」の句は

母の爪を切ってた時、
うっかり身を挟んで血がにじんでしまった時を思い出して詠んだものです。(>_<;)
以来 私が爪を切ってあげようと言っても拒否る母。

なので、、、弟のお嫁さんが切ってくれてます。(笑)

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧