フォト

yukikoのsewing日記

  • ゆっくり作ってま~す。

■2007年2月

2月28日(水) 

       
<今日の失敗>

        玄関前でドアに向かって車のキーを押してる私。。。

        車なら離れたところから押しても「カシャッ」と音がしてロックが解除されるので
        その癖が出たらしい

        玄関のドアは開くはずない.。よね~
       

       

      ・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      2月21日(水) 

       
今日車を運転してた時ルームミラーで後続の車を見たところ
       中年の女性が力強く熱唱していました~♪

       思わず見とれて(?)しまって危うく前の車に追突しそうになりました。
       ご用心・ご用心。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      2月13日(火) 

「玄米ご飯」が体に良いと分かっていても
      どうも夫は今ひとつ好きでないらしいので
      「黒米」や「はと麦」「ひえ」など16種類の穀物がブレンドされていて
      お米に混ぜて炊ける
      「十六穀ごはん」にしています。

      美味しいのでつい食べすぎます。。。




      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


      2月12日(月) 
       
パッチワークも少しずつ頑張って続けています。

      トップが出来て、次はキルトをするわけですが
      小さな1m四方にも満たない作品でも
      まだ完成までに一ヶ月はかかるでしょう。

      ゆったりした気持ちで一針一針
      楽しみながらチクチクするとしましょう





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      2月7日(水) 

       
ビビを看病してた時と同じように、夜中に何度も目が覚めます。
       と言っても 回数は徐々に減ってきましたが・・

       励ましのメールや電話も沢山いただきました。心配り本当にありがたいです。

       「日にち薬」って昔から言われてるように、時間はかかるでしょうが
       そのうちビビのいない生活にも慣れるのでしょう。
       

       元気を出して頑張ります!


      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


      2月4日(日)
 
       
       今日はビビの写真を全部出して見ました。 
       どの写真も その時のことが思い出されます。



       家へ来たのは生後2ヶ月半くらいの時。
      ペットショップで出会ったときは小さくて、気の弱そうな感じでした。

       


       
 お散歩が大好きで、台風の日でも行ったものです。
       
       






ボールを投げると取りに行って
      ダッシュで帰ってきました。

      ぬいぐるみが大好きで、いっぱい買いました。







歳をとってからはよく寝ていました。

      ビビの為に
      パッチワークで
      楽しみながらいろいろ作りました。






お誕生日には
      大好きな「チーズケーキ」で祝ったこともありました。









優しく、可愛い子でした。

      「11年半」 あっと言う間だったような気もするし、
      長かったような気もします。

      ビビと一緒の毎日があたりまえすぎて
      ここにいないことが不思議でたまりません。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月3日(土) /

       ビビがとうとう逝ってしまいました。

       いつもと変わらない様子の朝だったのに
       急な最後となりました。

       何日か前から
       オシッコもお腹を押さえて出してやらないと
       自分では出せなくなっていたし、
       食べなくなっていたので 心配していたのですが
       こんなに急に逝ってしまうとは思ってもいなっかったのに・・・

       末期癌にありがちな
       痛みに苦しみながらの最後ではなく
       眠るような静かな最後であったことが まだ幸いでしたが
       急な別れにただただ悲しいです。

       

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その他のカテゴリー

2004年05月 2004年06月 2004年07月 2004年08月 2004年09月 2004年10月 2004年11月 2004年12月 2005年01月 2005年02月 2005年03月 2005年04月 2005年05月 2005年06月 2005年07月 2005年08月 2005年09月 2005年10月 2005年11月 2005年12月 2006年01月 2006年02月 2006年03月 2006年04月 2006年05月 2006年06月 2006年07月 2006年08月 2006年09月 2006年10月 2006年11月 2006年12月 2007年01月 2007年02月 2007年03月 2007年04月 2007年05月 2007年06月 2007年07月 2007年08月 2007年09月 2007年10月 2007年11月 2007年12月 2008年01月 2008年02月 2008年03月 2008年04月 2008年05月 2008年06月 2008年07月 2008年08月 2008年09月 2008年10月 2008年11月 2008年12月 2009年01月 2009年02月 2009年03月 2009年04月 2009年05月 2009年06月 2009年07月 2009年08月 2009年09月 2009年10月 2009年11月 2009年12月 2010年01月 2010年02月 2010年03月 2010年04月 2010年05月 2010年06月 2010年07月 2010年08月 2010年09月 2010年10月 2010年11月 2010年12月 2011年01月 2011年02月 2011年03月 2011年04月 2011年05月 2011年06月 2011年07月 2011年08月 2011年09月 2011年10月 2011年11月 2012年11月 2012年12月 2013年01月 2013年02月 2013年03月 2013年04月

カテゴリー