2020年7月30日 (木)

変身~~

ん~~ん やっぱり、古布って味がある。

使ってこなれて手触りが柔らかくなって、色が落ちて、味わいが増した古布。
経年劣化した布??・・・。
劣化というには可哀そう。熟成とでも言いましょうか。
 
雰囲気のある布に変化して
巡り巡って私の手に届き、またまた新しい命を吹き込んで
生まれ変わりました。

布も喜んでくれてるでしょうね~。多分。

 

そして、、、私の診察券ケースのカバーになりました。

中のケースは100均のヤツ。

診察カードやお薬手帳、診察予約券などをまとめて入れることができます。

またひとつ 私のお気に入りが増えました。

Sew20200730

2020年7月29日 (水)

閃いたら即、行動!!

デザインや、作りたいものがパッと閃くときがあります。
『アッ、あれ作ろう!』って感じで。


まぁ私が作るものだから大した技術の必要ない簡単なものだけど
やっぱり 自分の好みって物があるから
イメージ通りに完成すると達成感は半端ない。


 

小さなものだとある程度 形が目で見て確かめれるところまで
一気に作ろうとするので
家事そっちのけ、って格好になります。

 

どんな小さなものでも 

大きさを考えて、型紙を作って、
作ろうとする物に適した好みの布を引き出しの中から出して来て 
その中からチョイスして、、、

これだけでも2~3時間くらいはかかります。

 

ベースの藍染は経年劣化して色が落ち、味わいのある色になったものを選びました。

決まれば後はチクチク縫うだけ。
でも作ってるうちに、『もうちょっと手を加えた方が良いような・・・』
って事にもなります。試行錯誤しながら作るのがまた楽しいとこ。

 

 

今回は小さい作品なので水玉模様にアップリケだけを施す予定だったにもかかわらず
刺し子で[〇]を加えることにしました。

 

ここまで作れば納得。
あとはまた明日~~、ってことに。

Sew20200728

2020年7月27日 (月)

型紙準備

今週末(8/1・土曜日)の手芸教室でレクチャーする予定の「鍋つかみ&ミトン」を準備中

型紙とレシピ作って、、、、
骨董市などで買い貯めて大事にしてる古布を箪笥から出して用意しとかないとね。

実用品というよりキッチンの”飾り物”になりそうな素敵な雑貨が出来ると思います。

 

Sew20200727

 

 

 

2020年7月11日 (土)

お扇子袋

古布の更紗と
草木染のザックリ織られた風合いのある生地を使って
お扇子用の袋を作りました。

細いのでチョッピリ縫いにくかったけどイメージ通りの袋が出来ました。

これで持って出かけられる~~♪

Sew20200711

 

2020年5月29日 (金)

重い腰上げた。

放置してた作りかけのバッグ。
このままではいけないと思って、、、やっと腰を上げました。


当初、マチ無しのペタンコタイプにしようと思って作り始めたものの
どうもピンと来ないし、、、どんな持ち手が似合うかと思い悩んでるうち放置となってしまっててたバッグですが、
マチを縫うことにして 再び手に取りました。


 


ベースの布が風合いある厚地生地なので 細かいキルトは入れず、刺繍糸でステッチにしています。
持ち手の所は ちょっと太めのワックスコードか何かを考えてますが、、、また気が変わるかも。


早めに決めて 完成まで早くこぎつけたい!


平置きにして写真撮ったので 実物と雰囲気が違ってしまったけど、
マチを12cmほど縫ったのでトートバッグタイプの形になりました。


Sew20200529a1



Sew20200529a2


 


 


 

2020年3月29日 (日)

悩む~

手芸教室でレクチャーする作品を考案中です。

お散歩の時、スマホとお財布くらいが入る
スッキリ、小さなポシェット(最近はサコッシュ?とも言うらしいが)が欲しい。
とのリクエストがあったので考えてるんだけど、、、。

 

教室の皆さんは年配者なのであまり細かい針仕事は肩がこるし、、、
サクッと短時間で完成して、使いやすい形。
っとなると頭を悩ますとこです。

 

何となくデザインが浮かんだので 今日は頑張って作りますか!

 

 

Sew20200329

Sew20200329a1

 

 

2020年2月 5日 (水)

ショルダーバッグ作ります!<3>

ショルダーバッグもいよいよ終盤それぞれのパーツを作って、組み立てます。

内袋(中袋)にはポケットも付けて使いやすくして、、、
内袋は内袋で袋状に組み立て、外側は外側で組み立てて
内袋と外側を口周りで縫い合わせます。

Sew20200205

 

ベルトがついてるところは生地が厚いので不安だけど、ミシンを信じて(笑)ぐるりと一周縫います。
内袋の返し口からひっくり返して返し口を閉じたら形を整え、もう一度口周りをステッチで押さえれば出来上がり~~♪

ふんわり、しっかりしたショルダーバッグになりました。
大きさも25cmほどと使いやすい大きさというのもGood!と自画自賛~~

Sew20200205a1

 

後ろ側もポケットがあるし「ぐるぐる」もアクセントになってていい感じ~

Sew20200205a2

 

2020年1月28日 (火)

ショルダーバッグ作ります!<2>

年頭にPCが壊れて、新しいPCが来るまで日にちがかかった為
ショルダーバッグは出来上がってたものの「sewing日記」にUPするのが遅れましたが
続きを・・・・

 

丸にくりぬいた中にパッチワークした布が入った前面
ポケットを付けた後ろ面にはアクセントに「ぐるぐる」模様のタグを作ってみました。
いける口の金沢の友達曰く「ぐるぐる」は地酒の濃い口と同じマークとか~~(笑)

ショルダーストラップを作って、、、マチはしっかりミシンでステッチを数本入れて、、、

パーツをそれぞれ作っていきます。

 

 

Sew20200110a3

バッグの天の開きはファスナーにするので ファスナーの両側を布で挟んで作っておきます。

 

Sew20200110a2

 

ファスナーと前面、後ろ面を合わせます。

 

Sew20200110a4

 

組み立ててイメージ通りになっていくのはとっても楽しい作業です。

ここまで来たらゴールは近い!!

2020年1月 5日 (日)

ショルダーバッグ作ります!<1>

手芸教室用の作品見本、本日より制作します!

<一日目>

・藍染めや絣などを細長いテープ状になるよう繋ぎ、テープ状になったものを7本繋いで
20cm程度のパッチワークした1枚布を作ります

 

Sew20200105a1

 

 

丸くくり抜いた先染めの布をパッチワークした布の上に置いてまつり留め、接着キルト綿を貼った後
〇の周囲を5番刺繍糸でステッチかけました。

 

 

Sew20200105a2

こちらがショルダーバッグのフロント面になります

2019年11月14日 (木)

ご年配者向きのバッグ?

手芸教室でレクチャーするバッグの見本出来ました。

お寺でのお手伝いや行事、お墓参りなど、、、、
カジュアル過ぎる装いでは場違いな印象を受ける所へお出かけする機会が多いご年配者に
重宝いただけるようなバッグが出来ました。

 

画像ではなかなか分かりにくいけど
黒色の羽織(絹)をストリングにして何種類も使用してるので とっても面白い表情になったと思います。

私好みの小ぶりなバッグ完成です!! 

 

Sew20191114

 

Sew20191114a2

 

 

より以前の記事一覧